ソフトバンク出資の印ライドシェア大手「Ola」、自動運転車シェアリングサービスをローンチ

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ソフトバンク出資の印ライドシェア大手「Ola」、自動運転車シェアリングサービスをローンチ

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

ソフトバンクが出資するインドのライドシェア大手「Ola」は、6ヶ月の準備期間とバンガロールでのテスト走行を経て、自動運転車シェアリングサービス「Ola Drive」のローンチを発表した。報道によると、Olaの自動運転車サービスは、セコイア・キャピタルが出資する印オンラインレンタカー大手「Zoomcar」にプレッシャーを与えるだろうとのこと。またこのZoomcar以外にも「Yコンビネータ(Y-Combinator)」が出資する「Drivezy」、「Carzonrent」、「Myles」などが、自動運転車シェアリングの競合相手となる。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手