インドネシアのライドシェア大手「Gojek」:デュアル・クラス・ストックによる上場を計画

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

インドネシアのライドシェア大手「Gojek」:デュアル・クラス・ストックによる上場を計画

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

インドネシアでライドシェアと物流サービスを提供する「Gojek」のアンドレ・スリスツヨ(Andre Sulistyo)新Co-CEO(共同経営責任者)が、デュアル・クラス・ストック(議決権種類株式)による上場を予定していることを明らかにした。上場する証券取引所については非公開。また、インドネシア石炭大手「Adaro Energy」社CEOで、Gojekの主席顧問を務めるガリバルディ・トヒル(Garibaldi Thohir)氏も新規株式公開(IPO)に強い期待を寄せているとのこと。しかし、Gojekが直ちに上場することはないとする情報も伝えられている。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手