Booking.com:東南アジアのライドシェア最大手「Grab」と配車サービスで提携

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

Booking.com:東南アジアのライドシェア最大手「Grab」と配車サービスで提携

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

オランダに本社を置くホテル予約サイトBooking.comは、東南アジアのライドシェア最大手「Grab」とパートナーシップを締結し、同社のアプリ上で配車サービスを開始する。同サービスはすでにシンガポールでローンチされており、2019年末までにインドネシアとタイで、2020年初めまでにはベトナム、マレーシア、フィリピン、カンボジア、ミャンマーでも利用可能になる。GrabはシリーズHでBooking Holdingsから2億ドル(約217億円)を調達している。また、両社のパートナーシップの一環として、Grabは2019年初めにホテル予約機能をローンチし、Booking.comや、同じくBooking Holdings傘下のホテル予約サイト「Agoda」でのホテル予約が可能になった。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手