ドローン世界最大手DJIの子会社「Livox」、自動運転車向けに画期的LiDAR製品を発表ーCES2020

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ編集部お勧め記事注目記事

ドローン世界最大手DJIの子会社「Livox」、自動運転車向けに画期的LiDAR製品を発表ーCES2020

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ドローン製造世界最大手DJI(大疆創新科技)が、子会社を通じて自動運転車向けティア1の領域に一歩近づいた。

DJIの社内インキュベーションで誕生した子会社「Livox Technology(覧沃科技)」は7日(現地時間)、米ラスベガスで開催中の世界最大のデジタル技術見本市「CES 2020」で自動運転車向けのLiDAR製品「Horizon」および「Tele-15」を発表した。

いずれもL3・L4自動運転車向けに設計された製品だ。Horizonの最大検知範囲は260メートルに及び、公式販売価格は800ドル(約8万7000円)で、発表当日に予約受付を開始した。一方、Tele-15は最大検知範囲が500メートルで「世界最高」をうたう車載LiDARだ。公式販売価格は1200ドル(約13万円)で、今年第2四半期に発売予定となっている。

HorizionとTele-15の製品写真(Livox公式サイトより)

Livoxはこれまでに三つのLiDAR製品を発表している。昨年1月にはMidシリーズとして「Mid-40」と三つのMid-40で構成された「Mid-100」を発表しており、主に工業分野やドローンの障害物回避、セキュリティ、スマートシティなどに活用されてきた。同シリーズのHFOV(水平視野角)は約40°と比較的狭かったが、今回発表されたHorizonは約80°にまで広がっている。また従来型のLiDARと異なり、Livoxの製品は走査パターンが非反復型となっており、経過時間が長くなるほど100%に近い視野カバー率を実現する。

さらに現在市場に流通する製品と比較して、Livoxは価格面でも強みを持つ。Horizonを例に挙げると、同製品のスペックは最大検知範囲260メートル、HFOV(水平視野角)81.7°、VFOV(垂直視野角)25.1°で、5個のユニットを使用すると360°の視野をカバーできるが、これにかかるコストはレーザー線数64本のメカニカルLiDARのわずか5%だ。

DJIはすでに自動運転を手がける中国のスタートアップ「AutoX」のサプライヤーとなっている。

そのAutoXはCESでフィアット・クライスラー(FCA)との提携を発表。共同で自動運転車「Pacifica X(捷龍星)」の開発を行うとともにロボタクシー事業も展開していくとした。今年は深圳、上海などで正式に大規模運営をスタートし、名実ともに「中国初のロボタクシー」を目指していく。また、Livoxが今回発表したHorizonおよびTele-15はPacifica Xに実装される見通しだ。

自動運転の完全実現はまだ遠いものの、LiDARやソフトウェアアルゴリズムなどの関連ツールはすでに新たな競争段階に入っている。

作者:未来汽車日報 習瀟熠
原文記事: https://auto-time.36kr.com/p/525794138095618
(アイキャッチ写真はLivox公式サイトより)
(翻訳:愛玉)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録