MAU5.4億の百度教育は「AI+教育」が描く未来

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

テクノロジー

MAU5.4億の百度教育は「AI+教育」が描く未来

百度AI战略下沉至业务线,坐拥5.4亿月活的百度教育能否讲好“AI+教育”的故事

从黑板粉笔到幻灯片计算机,从白纸黑字的单一讲解到AR/VR的模拟演示,科技进步与AI时代的到来,让古老传统的教育行业站上了前沿技术应用的风口,国民教育市场这块大蛋糕正被垂涎瓜分。行业巨头新东方、好未来等纷纷抢跑AI,发力深耕。AI+教育创业公司融资数额巨大,估值颇高:被称为教育版“今日头条”的乂学教育3月完成1.2 亿元天使轮融资; 英语流利说去年推全球首个AI英语老师,用深度学习算法为每个用户量身打造系统化英语学习方案。高举高打喊出 “All in AI ”口号的巨头百度,人工智能战略也正逐渐下沉到各个具体业务线。教育是百度看好AI技术落地到垂直领域的场景之一,百度教育也正试图通过人工智能对接教育需求与服务。

百度教育的“AI故事”是什么?

12月5日下午,在「智IN中国」——2017百度教育年度盛典上,刚刚从乌镇“饭局”上回来的百度总裁张亚勤表示,“去年谈的更多是人工智能技术和算法,今年则更多谈及人工智能的落地场景。百度在AI战略上逐渐强化深入,这将推动AI技术在细分领域的落地,教育正是其中重要的落地场景之一。”

百度AI战略下沉至业务线,坐拥5.4亿月活的百度教育能否讲好“AI+教育”的故事目前,百度教育拥有5.4亿月活,2亿份文档,1068万个知识图谱,具体落地的方式离不开百度的核心AI技术。依托百度云,百度教育将不断地把百度在人工智能、大数据、云计算的最前沿技术能力向教育行业输出。

AI技术加持的产品功能

百度教育事业部总经理张高会上表示,要用“AI+教育”一端连接需求,一端连接服务。

百度AI战略下沉至业务线,坐拥5.4亿月活的百度教育能否讲好“AI+教育”的故事

百度教育还基于AI技术打造了新的产品功能,如:知识捕手、VR课堂、AR知识点解析、智能备课、闪电估分等,尝试以创新的服务体验满足用户教与学的需求。

百度AI战略下沉至业务线,坐拥5.4亿月活的百度教育能否讲好“AI+教育”的故事

知识捕手的功能可以捕捉文章中的知识点,为用户推荐和该知识点相关的各种学习内容,拓展学习深度及学习边界。

百度AI战略下沉至业务线,坐拥5.4亿月活的百度教育能否讲好“AI+教育”的故事AR教学可以满足沉浸式、体验式教学。通过构建AR场景,把抽象的知识进行具象化,实现知识点立体生动讲解,从而提升学生的学习兴趣及知识接受。

百度教育闪电估分功能在高考首日曾服务400万考生和家长,高考期间4天内共计有4亿次访问。

AI连接产业的服务和需求

张高会上表示,百度教育团队过去一年内最重要的事情就是与一线合作伙伴、教师面对面交流,共同探讨技术与场景的可能性。此外,百度教育还与内容出版社及教育机构加强联系,去理解AI时代教育者的需求。

“人工智能飞速发展的能力能够解决优秀教师缺乏的传统教育瓶颈,从而帮助用户形成个性化教育;但人工智能作为技术无法孤立存在,需要结合一线教师及学生的迫切需求。”张高说到。

百度AI战略下沉至业务线,坐拥5.4亿月活的百度教育能否讲好“AI+教育”的故事百度教育推出的百度智慧课堂形成了智能备课、授课、学习的解决方案,今年9月份上线,3个月内覆盖超过1000所学校。

针对教师教学中优质备课资源缺乏这一问题,百度智慧课堂可精准识别用户身份,同步判断教学进度,从而实现与教学需求同步的备课资源推荐。

此外,百度智慧课堂会为传统课堂增加精密测量仪,通过对课前、课中、课后的学生学情进行跟踪分析,让老师时时了解每一个学生的动态和学习需求,为教学规划的设定提供参考。

如果教育也能像新闻那样,从“被动喂养式”演变为“私人定制式”,想一想还是很性感的。

打造专业知识图谱

在理解用户的层面,百度教育to业务负责人杨宁介绍,百度教育之前采用语义分析技术为用户反馈结果,但由于不同的用户真实需求不同,语义分析的反馈并不准确,因此百度教育开发了AI意图识别。

百度AI战略下沉至业务线,坐拥5.4亿月活的百度教育能否讲好“AI+教育”的故事

比如同样是搜索“三角函数”,如果是学生搜索,会推荐出一系列的知识点内容。如果是教师搜索,则推荐出备课需要的资料,从而提高用户的效率。

人们在不同场景学习知识的方式不同,百度教育通过开发多种形态内容来满足对多场景学习需求。比如:文档、视频、书籍、音频。

此外百度教育通过建立教育知识图谱的模式,帮助用户实现用户学习进行规划。“我们通过链接让孤立的资源和内容链接到一起,并以此实现集群效应,用户每访问一个内容,就会被链接到知识库中”,而构建这些生态的背后,都离不开人工智能技术。

从面对面课堂到在线教育,融资池已不断沸腾,接下来的“AI+教育”更是拉伸着人们的“想象力”。据CNNIC数据预测,到2020年“AI+教育”将带来3000亿的庞大市场规模。

続きを読む
原文

黒板とチョークからコンピューター上でのスライドショーへ、白い紙に黒い文字の単一なプレゼンテーションからAR/VRのデモンストレーションへと、科学技術の進歩とAI時代の到来は、昔ながらの伝統的な教育業界に対して最先端技術を活用するようにと矢面に立たされている。国民の教育市場という、この大きなケーキは今まさに垂涎して山分けをされようとしているのである。

業界巨頭の新東方(新東方教育科技集団)、好未来(Tomorrow Advancing Life)などは、次々と我先にとAIに目をつけ、力を注いで開拓を始めた。「AI+教育」を創業する会社への融資数は巨大で、その推定価格は莫大な金額となる。教育版「今日頭条」と称される乂学教育(Yixue Education)は3月に1.2億人民元というエンジェルラウンドの融資を果たした。英語流利説(Liulishuo)は昨年、世界初のAI英語教師を打ち出し、高度な機械学習アルゴリズムを用いて、ユーザーひとりひとりに合わせた英語学習プログラムを構築できるようシステム化した。

「All in AI」をスローガンとして声高に掲げる最大手の百度では、人工知能戦略も実際の各事業内容のなかに段々と根付き始めている。教育は、百度にとってAI技術が組み込まれ運用していくのに適していると期待するバーティカルなチャンネルのひとつであり、百度教育も人工知能を通して、教育のニーズとサービスがリンクできるよう今まさに試みている段階なのである。

百度教育の「AI物語」とは?

12月5日午後、「智IN中国」という2017百度教育年度式典のなかで、烏鎮(ウージェン)の「会食」から帰ってきたばかりの百度総裁である張亜勤氏は次のように語った。「昨年、多く話し合われたのは人工知能技術とアルゴリズムでしたが、今年更に多く話し合われたのは、その人工知能が生まれ、育まれるための土壌としてのチャンネルについてでした。百度は徐々にAI戦略を掘り下げていくことを強化しており、これはAI技術がニッチ市場で運用されることを促すことに繋がりますし、教育はまさにそのなかでも重要な運用チャンネルのひとつなのです。」

目下、百度教育は月間アクティブユーザー数5.4億人、2億件の文献、1068万件のナレッジグラフを有しており、実際に運用するための方法は百度の核心であるAI技術から切り離すことはできない。大容量クラウドストレージサイトである百度云を拠り所として、百度教育は人工知能、大容量データー、クラウドコンピューティングの最先端技術を教育業界に絶えず送り込んでいるのである。

AI技術がもたらす商品機能

百度教育事情部総経理である張高氏は式典において、「AI+教育」を用いるのであれば、一方はニーズに、もう一方はサービスと連携しなればならないと述べた。

百度教育はAI技術に基づいて、あたらしい商品機能を構築した。たとえば、知識捕手、VR課堂、ARポイント解析、インテリジェントな授業準備、解答速報など、新たなサービス体験によってユーザーの教えると学ぶというニーズを満足できるよう試みたのである。

知識捕手の機能は文章のなかにあるポイントを捉えて、ユーザーのためにポイントとそれに関連するさまざまな学習内容を勧め、学習の深さと学習の広さを切り開いていく。

AR授業は没入型、体験型の授業に応えることができる。ARチャンネルの構築を通して、抽象的な知識を具象化し、ポイントをよりリアルに解説することが実現できるため、そこから学生たちの学習意欲と知識の吸収を高めることが期待できる。

百度教育の解答速報は以前、大学入試初日に400万人もの受験生と保護者に利用され、大学入試期間の4日間だけでトータル4億回ものアクセスがあった。

AI関連産業のサービスとニーズ

張高氏は式典のなかで、第一線の協力パートナー、そして教師と直接顔を合わせてコミュニケーションをとり、ともに技術とチャンネルの可能性を討議したことこそが、百度教育グループにとって過去1年間で最も重要な事柄だったと述べた。このほかに、百度教育は内容出版社および教育機構との関係を強化し、AI時代の教育者のニーズへの理解を深めようとしている。

「人工知能の飛ぶようなスピードある発展力は、優秀な教師が足らない従来の教育というボトルネックを解決することができます。それによってユーザーひとりひとりに合わせたパーソナライズされた教育を形成していくことができます。しかし、人工知能の技術としては単体で存在することはできません。第一線の教師および学生の切実なニーズと連結することが必要なのです。」と張高氏は述べた。

百度教育の打ち出した百度智慧課堂はインテリジェントな授業準備、授業、学習の解決方法を形成し、今年9月のオンラインでは、3か月以内に網羅した学校は1000校を超えた。

教師が教えるなかで、授業準備において上質な資源が不足しているという、このひとつの問題だけに焦点を当ててみると、百度智慧課堂であれば正確にユーザーの身分を識別し、同時に授業の進み具合を判断して、そこから授業で必要となる資源を勧めることができる。

このほかに、百度智慧課堂は従来の授業のために精密測定器を増やして、授業前、授業中、授業後の学生の学習状況を追跡して分析、先生にリアルタイムで学生ごとの動向と学習ニーズを伝え、授業スケジュールを作る際の参考として情報提供を行う。

もし、教育も新聞のように、「受動的な受け身方式」から「能動的なオーダーメイドカリキュラム方式」に変わったならば、考えただけでもかなり魅力的ではないだろうか。

専門分野に特化したナレッジグラフの構築

ユーザーのレベルを理解するにあたり、百度教育の業務責任者である楊寧氏は、百度教育は過去に潜在意味解析技術を用いてユーザーについてフィードバックの結果を出したが、ユーザーが異なれば求める本当のニーズもそれぞれに異なるため、潜在意味解析のフィードバックは正確ではなく、そのため百度教育はAI意思認識を開発したのだと紹介した。

たとえば、おなじ「三角関数」を検索したとしても、学生が検索したのであれば、一連の学習する上でのポイントを勧める。もし教師が検索したのであれば、授業準備に必要な資料を勧めることで、ユーザーの効率を上げることができる。

人々はそれぞれに異なるチャンネルを用いるため学習の方法もそれぞれに異なる。百度教育は多彩な形態を開発することで、多くのチャンネルでの学習のニーズを満足させることができる。たとえば、文献、動画、書籍、音源といったものが、それにあたる。

このほかに、百度教育は教育用ナレッジグラフモデルの構築を通してユーザーの学習カリキュラムをサポートする。「私たちは単体の資料と内容をリンクで連結することで、クラスターとしての効果を実現させ、ユーザーがひとつの内容を質問するたびに、知識データベースにリンクするようにした。」そして、これらの生体システムを構築する背後には、すべからく人工知能技術が存在し、切り離すことができないのである。

オフラインの授業からオンライン教育まで、融資プールはすでに絶えず沸騰している。これから続く「AI+教育」は更に人々の想像力を広げていくことだろう。CNNICデーター予測によると、2020年には「AI+教育」は3000億ドルという膨大な市場規模をもたらすとまで言われているのである。

お問い合わせフォーム

必須ご氏名
任意貴社名
任意部署名
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種類
必須お問い合わせ内容

送信内容を確認しました。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

Read More