「在楼下」は3カ月間で億元超の投資で「公共冷蔵庫」を設置

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

テクノロジー

「在楼下」は3カ月間で億元超の投資で「公共冷蔵庫」を設置

36氪独家 |「在楼下」3个月获3轮过亿元融资,打造城市社区“公共冰箱”

半夜三点想打边炉到楼下买菜。
36氪获悉,北京在楼下科技有限公司自今年 7 月成立起,已在三个月内完成三轮融资,总金额过亿元,资方包括 IDG资本、元璟资本、九合创投和山行资本。在各式各样的新零售项目中,“在楼下”这个名字自带温度和画面感——智能终端就在家楼下,给社区人群提供零食、生鲜、日用品等新鲜便利的零售服务,同时借助微信群、小程序把线上线下打通,实现线下终端、线上商城的渠道融合以及线上下单、线下提货的体验融合。36氪独家 |「在楼下」3个月获3轮过亿元融资,打造城市社区“公共冰箱”社区是公认的新零售蓝海,一方面社区融合了餐桌、厨房、沙发、床上等多种消费场景,另一方面社区人群对生鲜和日用品的需求尚未被满足。超市太远、便利店不够密集,电商不够快,再加上不少违规底商被关闭,可以说距离家庭足够近、足够密集的小颗粒度零售终端是刚需。创始团队用“一寸近、一寸金”来描述距离消费者足够近的价值。根据在楼下监测到的数据,有人会在深夜11点多买100多元的蔬菜,有人每天买四个鲜鸡蛋。即使是周边商业设施配套成熟的小区,货柜也能收获忠实客户。据了解,在楼下所在的某社区附近有 14 家便利店和两家超市,但在楼下的经营状况仍然良好。

如果用一句话来概括,在楼下很像是城市社区的“公共冰箱”。

这个“公共冰箱”,和市面上常见的便利店盒子、自助贩售机、开放式货柜都有差别,是在楼下团队与OEM工厂配合研发的,总体来看是个封闭式的大型货柜,右侧可透过玻璃看到商品,用户通过小程序下单后,可在左侧的三个出货口取货。

36氪独家 |「在楼下」3个月获3轮过亿元融资,打造城市社区“公共冰箱”

据团队介绍,与开放式无人便利盒子相比,封闭式货柜能避免人货接触带来的卫生、盗损、执照等问题;而和普通贩卖机相比,在楼下的货柜可模块化调节大小,占地 5-15 平米之间,最多可容纳 400 个 SKU,未来还将增加到 800 个,更能满足用户需求。

当然,从本质上看,智慧零售的重点不在设备形态,而在于借助工业和运营手段,规模化地降低人力、租金成本,提高效率。所谓“智慧零售”,一方面是智慧——无人终端以技术和工业手段实现规模化扩张,比传统便利店起量快,且能借助数据进行精细化运营;另一方面也脱离不了零售的本质。团队认为,新零售创业者要对零售葆有敬畏之心,和滴滴对出行行业,或者美团对外卖行业相对迅速、相对颠覆性的改造不同,零售是一个“弯腰捡钢镚儿”的慢生意,决定成败的关键在于好的选品,对供应链和物流的改造,高效的社区运营,融资、执行等团队综合能力。

在楼下团队有社区O2O领域的成功创业经验,因此积累了三年的供应链、物流经验,同时具有较强的社区运营和执行能力。在供应链方面,在楼下能做到新奇产品厂家直供(比如蓝色可乐、粉色可乐、透明奶茶),大多数产品价格比市面便宜,同时会根据不同社区的构成做到千店千面,每日补货,保证每日产品新鲜。在采访中我们也听到很多公司会提到的一个现象——品牌方认为传统渠道触达消费者过慢,无法直接获取反馈,纷纷寻找新渠道,这也给了新渠道崛起的机会。

而在社区运营方面,在楼下通过附近小程序、卡券、微信群、公众号推送等多重手段增强用户黏性,刺激用户消费。

続きを読む
原文

36Krは、北京の「在楼下科技有限公司」が今年の7月に設立され、3カ月の間に、IDG资本、元璟资本、九合创投和山行资本を含めて、一億元を上回る3回の融資を行った、という情報を得た。
いろいろな形で展開されている新しい小売りの形態の中で、“在楼下”はそのコンピューターの端末で温度と実物の映像を見ることができて、コミュニティーの人達におやつ、生鮮食料、日用品等を提供し新鮮で便利な小売りのサービスを提供して、同時に微信群、Mini Appsを使用して、PC端末によりショッピングモールからオンラインの注文と結び付けて販売するサービスを提供している。

コミュニティーは新しい未知の小売り市場で、コミュニティーは食卓と厨房、ソファ、ベッド等と多くの生活場面が融合されているが、一方、コミュニティーの生鮮食品、日用品への需要はまだ満たされていない。スーパーマーケットは遠くにあり、コンビニエンスストアはまばらにしかなく、インターネットによる販売も十分でなく、更に不法な商店は閉じられてしまい、家庭との距離が近くて身近にある小さな小売店であるパソコンの端末から需要が非常に大きいのである。

設立したメンバーは“近ければ近いほど、価値がある”という表現を使って、離れている消費者に距離が近いことに価値があると表現している。「在楼下」が調査したデータによると、深夜の11時に多くの100元を超える野菜を購入する人とか、毎日卵を4個買う人がいる。例えば、周辺に商業施設が十分揃っているコミュニティーでもコンテナに確かな需要を確保することができる。調査したところ、14軒のコンビニエンスストアーと2軒のスーパーマーケットがあるコミュニティーに位置している「在楼下」の経営状況は依然として良好である。

もしこの「在楼下」を一言で表現すると、“コミュニティーの中の公共の冷蔵庫“と言えると思う。
この“公共冷蔵庫”と街中で見られる一般的なコンビニエンスストアや自動販売機と違う点は、開放式コンテナは「在楼下」のメンバーとOEM工場が研究開発したもので、全体的には大型の閉鎖的なコンテナだが、コンテナの右側でガラスを通して商品が見えるようになっており、ユーザーはMini Appsを使って注文し、左側の3つの出口から品物を受け取ることができる。

設立したメンバーによると、オープン型無人コンビニエンスストアと比較して、閉鎖式コンテナは接触を避けて衛生的で盗難もなく許可証等の問題もなくて、普通の自動販売機と比較しても、「在楼下」のコンテナはモジュール化で大きさを調節して、5~15㎡で最多で400SKU(商品単位)を入れることができ、将来的には800SKU(商品単位)まで増加してユーザーの要望を更に満足させることになるだろう。

当然のことだが、智慧零售の重要な点は設備の形態ではなく、工業と運営方法によって規模を大きくして、人件費と賃借コストを下げ効率を良くすることだ。いわゆる“智慧零售”は技術と工業化によって無人端末の設置により規模を拡大し、伝統的なコンビニエンスストアよりも処理が早くなり、且つより細かくデータを管理することができるようになり、また一方では小売業の本質に基づいた形になっている。メンバーは、新しい小売業の創始者は小売りを尊敬する気持ちを持っているべきで、滴滴出行や美团外卖も既存の業界をひっくり返そうとしているのではなく、小売りは小銭を拾うようなゆっくりしたビジネスと理解していて、勝敗を決めるポイントはよい選択をすることで、サプライチェーンと物流を改造することで効率の良いコミュニティーの運営、融資、実行等グループの総合能力だと考えている。

「在楼下」のメンバーは社区020で操業に成功した経験を持っており、その際に3年間のサプライチェーンのノウハウと物流の経験を蓄積し、同時にコミュニティーにおける運営方法や実務のやり方を身に着けた。サプライチェーンに関して、「在楼下」はメーカーから新しい製品(例えば、青いコーラ、ピンクのコーラ、透明なミルク入りのお茶)を直接供給することができ、殆どの製品の価格は市場価格より安く、同時にそれぞれのコミュニティーに異なるそれぞれの店を揃え毎日在庫を補填し、新鮮な製品の供給を確保した。

取材中に私たちは多くの会社がある一つの現象を指摘していて、それは ブランド品は伝統的な販売ルートを通じて消費者の手に届くには時間がかかるため、直接フィードバックを得ることが難しいので、新しい販売ルートをつぎつぎと探し出そうとしたため、その結果新たな販売ルートを探し出す機会になったということである。
コミュニティーの運営面では、「在楼下」は身近なmini Apps、カード、微信群、微信公众号等の多くの手段によってユーザーとの繋がりを強くして、ユーザーの消費を刺激している。

お問い合わせフォーム

必須ご氏名
任意貴社名
任意部署名
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種類
必須お問い合わせ内容

送信内容を確認しました。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

Read More