オンラインスーパー事業の印ユニコーン「bigbasket」がアリババなどから約65億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

オンラインスーパー事業の印ユニコーン「bigbasket」がアリババなどから約65億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インドのオンラインスーパー大手「bigbasket」が6000万ドル(約65億円)を調達した。出資者はリード・インベスターを務めたアリババのほか、コ・インベスターの韓「Mirae Asset」と英政府系金融機関の「CDCグループ」。bigbasketは2019年5月、「Mirae Asset-Naver Asia Growth Fund」、アリババ、CDCグループらがリード・インベスターを務めたラウンドで1億5000万ドル(約163億円)を調達した際にユニコーン企業となっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録