ルワンダの「アリババ村」で農民の収入が5~6倍に 農業・小売のスマート化で恩恵

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

新興国短信

ルワンダの「アリババ村」で農民の収入が5~6倍に 農業・小売のスマート化で恩恵

続きを読む

アリババ傘下の次世代スーパー「盒馬鮮生(Hema Fresh)」は、ルワンダに60トン以上のハバネロペッパーを発注した。このハバネロペッパーはルワンダのガショラ地区に位置する初の「非洲盒馬村(Africa Hema Village)」で生産されている。盒馬村とは、アリババのデジタル農業のビッグデータおよび栽培指導にしたがって農産物を生産し、それを盒馬鮮生に直接供給する村落のことである。アリババのスマート農業技術に後押しされたおかげで、ガショラ農民の収入は従来の5~6倍に増加したという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録