AirPodsの年間収入は、60-70億ドルに達する可能性、「その他の製品」がAppleの重要な成長ポイントとなる

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

ビジネス注目記事

AirPodsの年間収入は、60-70億ドルに達する可能性、「その他の製品」がAppleの重要な成長ポイントとなる

AirPods年营收或达60—70亿美元,“其他产品”成苹果主要增长点

过去两个季度中,苹果分别收获了史上最赚钱的季度和史上最赚钱的第二财季。在这两季的财报中,营收增长最快的都是“其他产品”。
这个类目下以配件为主,包括包括Apple TV、Apple Watch、Beats、iPod touch等产品。在这两季度当中,“其他产品”的营收已经非常迫近iPad。最新一季两者的差距只有1.59亿美元了。在过去五个季度中,该项收入增速一直是最快的,其中三个季度遥遥领先于其他所有项目的增速。从2017年Q2——2018年Q2,该项收入的增幅分别为,31%、23%、36%、36%、38%。

最前线 | AirPods年营收或达60—70亿美元,“其他产品”成苹果主要增长点

苹果财报

在这期间,每个季度增速排在第二名的都是互联网服务。这个类目的增长潜力和对苹果的价值已经被广泛讨论,但是“其他产品”的贡献还没有引起足够的重视。

过去五个季度当中,“其他产品”的表现之所以如此突出,主要归功于AirPods的上市。AirPods在2016年的秋季发布会推出,同年12月上市。在之后的五个完整季度中,“其他产品”就出现了上述的激增。而在此前一个季度,“其他产品”的营收还同比下滑了8%。

最前线 | AirPods年营收或达60—70亿美元,“其他产品”成苹果主要增长点

AirPods

加拿大皇家银行资本(RBC Capital)表示,这款产品很快就会成为苹果最受欢迎的产品之一,销量达到iPhone的20%,年营收可能最终达到60亿至70亿美元。不过,RBC未提供达到该销售数据的时间表。

自AirPods上市以来,很多机构和分析师都看好这一产品的前景。凯基证券分析师郭明錤曾表示,苹果AirPods在2018年的销量将翻番,达到2600万副到2800万副。

著名苹果分析师Gene Munster去年也说过,未来十年里这款小耳机恐怕比Apple Watch还挣钱。

iPhone、iPad、Mac的销量已经达到较高的水准,且容易出现波动。去年四季度iPhone X上市后,2018财年Q1收获了史上最好的季度表现,可是iPhone的销量依然同比下滑了1%,Mac同比下滑了5%,只有iPad增长了1%。

也就是说,苹果这一季度之所以在营收和利润双创新高,并不是因为这三大产品在销量上的提升,而是因为iPhone X大幅抬高了价格所致。而短期内这种策略很难复制,下一代新品很难在iPhone X的基础再次大幅提升。与此同时,还时常传出iPhone 订单下滑的消息。

这种情况下,“其他产品”和互联网服务作为稳定的营收增长点,就显得更加重要。从上面的增长势头来看,AirPods等“其他产品”可能很快会超过iPad,在营收上摆脱四大硬件品类(iPhone 、iPad、Mac、其他产品)垫底的角色。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

過去二つの四半期で、Appleの歴史上最も収益性の高い四半期と、歴史上2番目に収益性の高い四半期を分けて見てみると、この2つの四半期において、収益が最も急激に伸びているのは「その他の製品」だ。

このカテゴリ(その他の商品)は、Apple TV、Apple Watch、Beats、iPod touchなどのアクセサリが主要になってきているのだ。 2つの四半期において、「その他の製品」の収入はiPadの収入に非常に近いものだった。 最近の四半期では、両者の差はわずか1.59億ドルだ。
過去5つの四半期で、この収益の伸び率は最速だ。その内三つの四半期では、他の商品を遥かに上回っている。

2018年の第2四半期から第2四半期にかけて、収益の増加はそれぞれ31%、23%、36%、36%、38%だ。

この期間中、各四半期の成長率はインターネットサービスが2位にランクされたのだ。このカテゴリーの成長の可能性とAppleに対する価値は広く議論されてきたが、「その他の製品」の貢献に関しては、十分に注目されていないのだ。

過去5つの四半期、「その他の製品」のパフォーマンスは抜き出ており、主にAirPodsが大きく貢献している。 AirPodsは2016年秋に公開され、同年12月に発売された。次の5つの四半期では「その他の製品」が上記の様に急増を見せたが、最近の四半期では「その他の製品」の収入は前年同期比で8%減少した。

RBC CAPUTALは、この製品はまもなくAppleの人気商品の1つになり、売上高はiPhoneの20%に達し、年間売上は60億〜70億ドルに達する可能性が高いと予想しているのだ。しかし、RBC CAPUTALは具体的にいつこれらのデータに達するかは表明しなかった。

AirPodsの発売以来、多くの組織やアナリストはこの製品の見通しをつけていた。 KGI証券のアナリストGuoMingXi氏は、AppleのAirPodsは2018年の売上数が倍増し、2600万個〜2800万個に達すると発表していたのだ。

有名なアップルアナリストのジーン・マンスター氏は、昨年この小型ヘッドホンが今後10年間でApple Watchよりも稼ぐかもしれないと語った。

iPhone、iPad、およびMacの売上高は最高水準に達している為、今後変動しやすい傾向にある。昨年の第4四半期iPhoneXの発売後、2018年度第1四半期は四半期別の過去最高収入を記録したが、iPhone全体の売り上げは1%減少、Macもまた5%減少し、iPadのみ1%増加を記録したのだ。

言い換えれば、Appleの収益と利益は、この3つの主要製品の売上高の増加ではなく、iPhone Xが売り上げ額を大幅に引き上げたため、今四半期で過去最高を記録したと言えるだろう。 短期間でこの戦略を繰り返すことは難しく、次世代の新製品はiPhone Xをベースに大幅に改善することは難しそうだ。 同時にiPhone注文減少のニュースがよく伝えられる。

こうした状況のもと、安定した収益成長のポイントとして「その他の製品」とインターネットサービスが重要になってくる。 上記の成長の勢いから、AirPodsなどの「その他の製品」はすぐにiPadを上回り、収益の上位4つの重要項目(iPhone、iPad、Mac、その他の製品)の役割を担う可能性が出てきた。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録