拼多多 アメリカでIPO申請 評価価格は300億ドルか

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

投資

拼多多 アメリカでIPO申請 評価価格は300億ドルか

最前线丨传拼多多下周赴美提交IPO申请,估值或达300亿美元

拼多多不声不响地将IPO提上了日程。

6月28日,《中国企业家》援引知情人士消息称,社交电商平台拼多多将于下周向SEC提交赴美上市文件,上市的承销商为高盛和中金。

36氪据此向拼多多官方求证,对方回应“不予置评”。

2018年4月,36氪独家报道了拼多多完成新一轮融资的消息。融资金额在30亿美元左右,投资方包括腾讯、红杉,腾讯为领投方。融资完成后,拼多多估值接近150亿美元。而据《中国企业家》报道,此前曾有部分机构传闻称,拼多多上市估值将达到300亿美元,但该消息暂未得到证实。

公开资料显示,拼多多迄今为止共完成4轮融资,腾讯、红杉多次参与融资。

最前线丨传拼多多下周赴美提交IPO申请,估值或达300亿美元

图片来源:鲸准

公开数据显示,2017年,成立三年的拼多多GMV超千亿,年末日订单量超过京东。极光数据发布《2017年移动互联网行业盘点app榜单》报告称,拼多多在综合电商APP渗透率排行榜中位列第三,把上市公司唯品会等一众老牌电商甩在身后。

而据易观数据监测,2018年1月,拼多多MAU(月活)达到1.14亿,仅次于淘宝的4.25亿和京东的1.45亿,远超第二梯队的唯品会和苏宁。

“拼多多的模式很符合中国国情,中国三五线甚至农村的购买力很强劲,他们抓住了这一波红利,未来增长空间很大,更何况腾讯战略投资的项目都会有很好的发展”,一位投资人告诉36氪:“按照目前的状况,对他们来说最大的挑战不是来自于外部,而是内部的管理和营运,供应链需要有一个量到质的提升。”

这位投资人表示,拼多多社交+电商的模式很符合腾讯的胃口,未来不排除腾讯进一步加大对拼多多的权益投资,用于完善自己的生态链,同时也制衡阿里在电商领域的一家独大。

美团点评、京东、拼多多都是腾讯最忠实的左膀右臂,如腾讯进一步加大对拼多多的权益投资,成为前三大股东,拼多多就可整合前两者的优势进行打通,从而拥有更大的价值空间。

“但要联盟打通,只有腾讯能做推动。”

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

6月28日、雑誌『中国企業家』は、ソーシャルECプラットフォーム拼多多(Pingduoduo)が、SECに、米国市場へ上場する旨の文書を提出するとの関係者筋からの情報を掲載した。証券引受業者は、ゴールドマン・サックス株式会社および中国国際金融株式会社である。

36Krがこのことについて拼多多(Pingduoduo)に公式見解を求めたが、回答は「ノーコメント」であった。

2018年4月、36Krは拼多多(Pingduoduo)が新融資獲得のニュースを独占報道した。融資金額は30億米ドルほどであり、投資会社はテンセント・ホールディングスや、セコイア・チャイナが含まれており、テンセント・ホールディングスがリード・インベスターとなる。融資提携後、拼多多(Pingduoduo)の評価価格は150億米ドル近くになる。また、『中国企業家』の記事によると、以前ある内部者から拼多多(Pingduoduo)の上場評価価格は300億米ドルに達することになると伝えていたとあるが、この情報はまだ証明されていない。

公開資料では、拼多多(Pingduoduo)はこれまでに4回融資提携を成功させており、テンセント・ホールディングスやセコイア・チャイナなどが何度も参加している。

公開されたデータによると、2017年、創立3年目の拼多多(Pingduoduo)のGMVは1,000億人民元(約1兆7,000億円)を超え、年末には一日の売り上げが京東(JD.com)を超えた。JIGUANG Data Instituteの発表する『2017年モバイルネット総括アプリランキング』の報告では、拼多多(Pingduoduo)は総合ECアプリケーション浸透率ランキング中第3位であり、唯品会(Vipshop)など老舗EC を引き離している。

またAnalsysのデータモニタリングによると、2018年1月、拼多多(Pingduoduo)のMAUは1.14億人、淘宝(Taobao)の4.25億人、京東(JD.com)の1.45億人に次いで、第二グループの唯品会(Vipshop)や蘇寧(Suning)を大きく超えている。

「拼多多(Pingduoduo)のスタイルは中国の国情に合っている。小規模都市、さらに農村さえも購買力は非常に高く、彼らは利益をがっちりと掴み、未来において成長するスペースは大きい。ましてや、テンセント・ホールディングスの戦略的投資のプロジェクトはすべてよい発展をするだろう」と、ある投資家が36Krに語る。「目の前の状況に照らすと、我々の最大の挑戦は外部からのものではなく、内部の管理と運営であり、サプライチェーンは量から質の向上が必要なのである」

拼多多(Pingduoduo)のソーシャルECのスタイルはテンセント・ホールディングスの方針に合っている。未来、テンセント・ホールディングスはパーフェクトなマイエコスタイルを用い、同時にEC分野での阿里巴巴(アリババ)の独占を牽制し、拼多多(Pingduoduo)の権益と投資をさらに拡大する可能性があると、この投資家は述べた。
美団点評(meituan)、京東(JD.com)、拼多多(Pingduoduo)はいずれもテンセント・ホールディングスにとって重大な戦略的関係を持つ。テンセント・ホールディングスが拼多多(Pingduoduo)へ権益と投資をさらに拡大するならば、トップ3の三大株主となり、拼多多(Pingduoduo)は前の両者の優勢を整合し、より大きなプライス・スペースを保有することになる。

「提携は合意する。テンセントが推し進めさえすれば」

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録