消費需要が電動車椅子産業に追い風、Delta Roboticsが新型電動車椅子を開発

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

ビジネス注目記事

消費需要が電動車椅子産業に追い風、Delta Roboticsが新型電動車椅子を開発

消费升级促进电动轮椅产业发展,「Delta Robotics」面向老年人等开发新型电动代步工具

近年来,我国轮椅行业保持高速增长趋势。行动不便的老年人和肢体残疾人群数量的增长是驱动我国轮椅产业快速发展的主要因素。据悉,中国一二线大城市的老年人比例已接近20%,与此同时还有肢体残疾人的人口近2400万,他们因行走不便需要依靠轮椅的辅助才能正常生活。
根据美国轮椅行业协会统计,手动轮椅和电动轮椅在国际市场上的销量比约为1:1。在发达国家,轮椅被列入医保报销范围,所以电动轮椅购买者较多。在发展中国家,消费者大多选择价格相对便宜的手动轮椅。不过随着我国消费者收入增加、消费升级理念的不断渗透,近几年我国对电动轮椅的需求也变得逐渐旺盛,潜在市场规模可达数千亿元。电动轮椅旺盛需求背后对应的却是研发能力和产能的不足。目前我国轮椅产能约为300万辆每年,但行业产品结构单一,绝大部分产品为低价普通轮椅。高端产品如电动轮椅和运动轮椅仅占总产量的10%-20%,并且主要依赖进口。我国电动轮椅和运动轮椅主要产地集中在上海、广东、江浙和天津等。比较知名的品牌有江苏鱼跃、上海互邦、广东佛山、广东凯洋、日本三贵等,但大多数产品的依然是按照传统轮椅外形来设计的。

总部位于北京的Delta Robotics研发了一款电动轮椅,主要面向行动不便的老年人、肢体残疾人群,以及如机场、商场等商务场景提供代步服务。Delta Robotics已完成了电动轮椅的样机的研发,产品对标日本WHILL公司的Model Ci。

作为一款升级版的轮椅或是代步工具,Delta Robotics核心关注用户的驾驶体验,包括机器的爬坡能力、续航、转弯半径,以及一些不可量化的评判指标,如舒适度、可调节性等。在保证用户较好的驾驶体验感基础上,Delta Robotics还非常关注外观的时尚性,以满足用户消费升级的需求。外观的创新不仅涉及到设计能力,还需要对机械结构有较深的技术理解,以保证产品设计完成后可以顺利规模化量产。

Delta Robotics CEO 李宇杰告诉36氪,他们参考了大量的同类产品,优化资深产品设计,并在样机完成后,邀请了数百名种子用户进行试驾和体验反馈。现在样机的性能不差于Model C,并且还在不断优化中,预期今年7-9月可以推出正式的一代产品。

由于直接面向C端用户,除了产品功能,价格也需要做到大部分消费者可接受的范围。Delta Robotics的产品也会大致对标Model Ci,但由于国内生产供应链的优势,以及团队在供应链管理上的资源积累,产品成本预期仅为Model Ci的一半。

另外,电动驾驶只是Delta Robotics产品的基本功能。李宇杰告诉36氪,他们已经打通了产品的驾驶平台,未来会在保证驾驶安全的前提下,开发平台后台,允许第三方智能硬件接入,提供能多服务。第二代产品则考虑在第一代产品基础上,加入自动避障功能。

Delta Robotics的盈利模式主要是依托渠道资源销售产品,电动轮椅的主框架寿命约为5年,轮子和电池的寿命在一年以内。Delta Robotics现已有数百台意向订单,预期推出后,首年销售量可达1-3万台,其中2C和2B的销售基本各占一半。

相比于同类的传统轮椅制造商,Delta Robotics 更潜在的竞争来自于广泛布局智能硬件生态链,且在供应链上有明显优势的互联网企业。Delta Robotics希望利用先发优势,加快产品的迭代,建立用户品牌忠诚度。

Delta Robotics现有11人,已于去年8月完成来自挑战者资本的数百万元天使轮融资,现正在寻求新一轮2000万元的A轮融资,主要用于量产和市场营销的准备。创始人李宇杰,毕业于北航,ACM竞赛金奖,算法高级人才,连续创业者。联合创始人郑晓君,毕业于北京大学,10年嵌入式硬件研发、销售经验。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

近年、中国の車椅子業界は急速な成長傾向を保っている。日常生活に支障のある高齢者や身体障害者の増加その成長の大きな要因だ、中国の一、二大都市の老齢人口比率はすでに20%に迫っており、障害者人口も2400万人近くになる。彼らは歩行困難者であり、車椅子の補助を得て初めて不便のない生活を手に入れることができる。

アメリカ車椅子協会の統計によると、国際市場での手動車椅子と電動車椅子の売り上げは1:1だという。先進国では車椅子は医療保険の適用範囲であるため、電動車椅子の購入者が多い。発展途上国においては価格の安さから大多数が手動車椅子を選ぶ傾向にある。しかし、我が国においては所得の増加や消費者の生活改善に向けた意識の向上などにより、ここ数年は電動車椅子の需要がますます伸びている。潜在的な市場規模は数千億元とみられている。

電動車椅子の需要増加に対して、開発と生産に関する能力はまだ対応しきれていないのが現状だ。現在の車椅子の生産能力は一年におよそ300万台だが、その内訳のほとんどが低コストの手動車椅子だ。電動車椅子やスポーツ用車椅子のようなハイエンド製品は生産量10〜20%にすぎず、多くは輸入に頼っている。

中国の電動車椅子・スポーツ用車椅子の主要な生産拠点は上海、広東、浙江、天津などである。有名なブランドは江蘇の魚跌、上海の互邦、広東の仏山や凱洋、日本三貴などだ。しかしその製品の多くは依然として既存のものと同じ設計である。

本社を北京に構えるDelta Roboticsが開発した電動車椅子は、歩行困難な老人や下肢に障害のある人の仕様の他、空港やショッピングモールなどの歩行代行サービスのために提供されている。Delta Roboticはすでに日本WHILL社のModel Cに匹敵する製品サンプルの開発を終えている。

次世代の車椅子、または歩行代替ツールとして、Delta Roboticsはユーザーの運転の体験に注目している。登坂能力、継続走行力、回転半径などの能力に加え、快適度や調整力など数値化できない評価にも関心を寄せている。また豊かな運転体験を保証した上でDelta Roboticsはさらに外観の良さにもこだわり、ワンランク上を求めるユーザの需要に答えようとしている。外観の革新においては設計の問題だけではなく、量産をスムーズに進めるための構造に対する深い理解が要求される。

Delta RoboticsのCEO、李宇杰氏は36krの取材に対し、多数の類似産品を研究し尽くした上で優れた最適の設計を行い、サンプルの完成後も数百のモニターによるフィードバックを取り入れた。現在サンプル機の性能はModel Cに肩を並べるほどであり、さらなる最適化を加えた上で、2018年の7月から9月の間にファーストモデルを発売することが予期されている。

Model Cのユーザーを対象に製品性能だけでなく、価格に関してもほとんどのユーザーが受け入れられる価格帯を目指す必要がある。Delta Roboticsの販売対象はModel Cのユーザーと概ね一致するが、国内サプライヤーとの連携を優位点として、サプライチェーンの管理におけるたゆまぬ努力により、当該製品の製造コストはModel Cの半分程度だという。

また、自動運転はDelta Roboticsの製品だけが持つ基本性能である。李宇杰氏が語ったところによると、すでに自動運転のプラットフォームが開発されており、未来においては運転上の安全を保障した上で、他のスマートデバイスからのアクセスを許可することにより、より多くのサービスを提供する予定だ。セカンドモデルからはファーストモデルを基本とした上に、自動で障害物を避ける機能も加える。

Delta Roboticsの主要な利益は製品の売り上げによるものであり、電動車椅子の本体フレームの寿命は約5年、車輪と電池の寿命は1年以内だ。Delta Roboticsに対してはすでに数百台の注文の意向が寄せられており、発売後初年度の販売量は1万から3万台、そのうち2Cと2Bが半分ずつを占めると見られている。

他の伝統的な車椅子メーカーと比べて、Delta Roboticsは幅広いスマートデバイスとのシステム連携や、国内サプライチェーンに強い優位性を持つインターネット企業だ。Delta Roboticsはこれらの優位性を生かして、製品のサイクルを加速させ、ブランド力の確立を目論んでいる。

Delta Roboticsは現在11人の企業だ。2017年8月にはすでに数百万元の投資資金をエンジェルラウンドにより集め終えており、現在はAラウンドによる2000万元分の新たな投資を募っている。これらは量産や営業活動に持ち言われる予定である。創始者である李宇杰氏は北京航空航天大学出身で、ACMのコンペティションでトップになったこともあるアルゴリズムに関してエリートであり、起業家である。共同創始者の郑晓君氏は北京大学卒、10年に渡る埋め込み式ハードウェアの開発と、営業における経験を持っている。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手