オンライン指導で競争に身を置く環境づくり、公務員受験の 「心竺教育」、エンジェル投資で600万元の資金調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

ビジネス注目記事

オンライン指導で競争に身を置く環境づくり、公務員受験の 「心竺教育」、エンジェル投資600万元獲得

用线上督学建立竞争机制,公考培训品牌「心竺教育」获 600 万元天使轮融资

36氪获悉,公考培训品牌「心竺教育」近日获 600 万元天使轮融资,投资方包括伯藜创投、正善资本及两位个人投资方。从行业来看,公务员岗位需求稳定,入职考试难度大,公考培训成为刚需。据华图预估,在 2019 年公务员考试培训市场规模将达 90 亿元。目前市场上的公考培训资源集中于华图和中公,但公考形式固定,历年真题等教辅资源丰富,培训机构进入门槛较低;且互联网基础设施和直播技术的升级,促进了在线培训的发展,粉笔公考、腰果公考必胜公考等线上培训机构纷纷入场,竞争愈发白热化。对于公考需要的笔试和面试服务,心竺教育推出了线上督学+线下长周期面试培训模式。

线上督学营造竞争环境

由于公务员考试本身不具有强制性,学习周期长达 3 – 5 个月左右,且学习过程枯燥,很多人无法坚持学习。由此,心竺公考推出了小班课+班主任督学的培训模式。

由于公考的知识点比较标准化,而且经过多年沉淀,已有固定的知识体系,所以心竺教育的上课和答疑环节是以观看录播视频为主。相比于几千人的直播课,录播课的学习时间更为灵活。心竺教育的CEO七对告诉36氪,相比于很多直播课 25%的到课率,心竺的完课率在 90% 以上。

高完课率得益于心竺的班主任督学机制。除了维护学生关系、发材料收作业、收集需求等,班主任还负责检测学习进度、公示每天学习打卡榜和周测验榜。

由于公务员考试本身不具有强制性,学习周期长达 3 – 5 个月左右,且学习过程枯燥;参与者又以刚毕业的大学生为主,自制力有限,因此需要以竞争机制调动学生积极性

心竺将每个学员的学习任务拆分到天,班主任每天会在后台监测学员的学习进度,并每天公布打卡排行榜。此外,在每周线上考试过后,心竺会公示测验分数、排名、答题时长、未完成学员名单。“小班模式主要是为了形成一个竞争环境”。七对告诉36氪。对于应试类考试来说,长周期、多互动、有监督的学习方式才有效。

线上+线下的长周期面试培训

传统的公务员面试培训流程是这样:在七天培训中,两天讲面试理论知识,五天做面试模拟和训练,七天结束后服务也随之结束,培训费在 2 – 3 万之间。

而在心竺的面试培训中,则是一套线上+线下+长周期的模式。将理论知识录制成课程放在线上,让学生在参加培训之前完成理论学习,将更多的时间用于模拟面试的实操中。

而在七天培训期结束之后,心竺会开展为期一个月的线上语音培训。老师每天会将题目发到群里,学生轮流作答,老师会针对答案进行评论和指导,学员自己也可以随意交流。“这套超过一个月的面试培训会让学生的思路更开阔、面试技能更扎实。”七对说。

此外,心竺已经在 App 端上线了 AI 自适应题库,目前正在开发智能批改系统。心竺团队想把所有重复性的劳动都交给机器完成,从而将精力放在教育内容和督学服务的打造上。

在师资和内容上,心竺的师资来自于江苏线下最大的公考机构,均有五年以上公考教育经验,线上的视频课程也全由这批老师录制完成。

目前心竺有两项引流付费服务:一项是 1 元直播公开课,另一项是 69 元的模块课程。此外,心竺在头条、微信也在运营官号,有 20 多万垂直粉丝;同时也购买百度广告。

心竺的创始团队均毕业于南京大学,七对曾在阿里巴巴任职了九年的产品经理,后加入湖畔大学负责产品、技术和教学;运营负责人缪欣欣有 6 年教育机构教研和培训的经验;技术负责人雷晓曾在蚂蚁金服任职。

在七对看来,教育最终的模式应该是人+技术,机器更多的是在提供解决方案,根据用户行为不断调优,并反馈给内容端。内容的更新迭代则要依靠人来完成,且有人陪伴的学习效果也会更好。由此,内容产品的设计需要适应 AI 的技术需求,人会更侧重于关怀与服务。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

公務員受験ブランド「心竺教育」がPeeli Ventures(伯藜創投)、正善資産基金、さらに個人投資家2名によるエンジェル投資600万元を獲得した。

公務員求人数は安定しているが、試験が難関だ。ビジネス的には受験教育に対する需要は多い。華図教育の見込みでは、2019年の公務員受験対策市場は90億元に達するという。

現在、公務員受験関連リソースでは華図教育や中公教育が最大手だが、試験傾向に特に変化はない。過去問も豊富に流通しているとあって受験予備校入学への敷居は高くはない。一方、ネットインフラの整備とオンライン放送技術の向上によって教育のオンライン化が進み、「粉筆公考」や「腰果公考」、「必勝公考」といったオンライン教育システムが受験産業に参入、その競争は激化している。

心竺教育は公務員試験の筆記と面接の両方をカバーするため、オンライン監督制に加えオフラインでも長期サポートの面接特訓サービスを打ち出した。

オンライン指導で競争に身を置く環境をつくる

公務員試験への受験そのものは義務ではないため、3~5ヵ月に及ぶ受験勉強期間を通してモチベーションを維持するのが難しい。そこで、心竺教育は小人数クラス制にした上でクラス指導員を置いた。

公務員試験のうち知識問題に関しては出題内容も標準的で、学習のノウハウはすでに確立されているとし、心竺教育の講義は録画によるビデオ映像を採用している。数千人を対象としたライブ放送と違い、録画であれば好きな時間に受講できる。 心竺教育CEOの七対氏は36Kr記者の取材に対し「学生の受講修了率はライブが25%で、録画は90%以上」と答えた。

クラスを担当する監督指導員制度も高い修了率を支えた。学生とのコミュニケーション、教材発行や課題の回収、ニーズの吸い上げといった作業の他、各学生の進捗状況をチェックして受講数ランキングと週一テスト結果ランキングの発表も任されている。

受験が義務ではない公務員試験に向けた長期間の受験勉強で、いかにモチベーションを維持するか。学生は大学を卒業したばかりの年代がほとんどで本人の自覚だけでは難しいことから、競争の中で積極性を引き出すことが必要となる。

心竺では学生ごとに一日の学習範囲を細かく設定した。クラス指導員は毎日バックグラウンドで進捗状況を監視して、講義の受講回数ランキングを公表。さらに週に1回のオンラインミニテストを実施して得点ランキング、所要時間、クリアできていない学生のリストも掲載される。「小人数クラス制は、競争させる環境の形成が目的」と七対氏は言う。受験勉強には長期サポートと複数の相互作用、専門指導学習が効果的らしい。

オンラインとオフラインで長期サポート面接特訓

昔ながらの公務員試験面接対策講座では、特訓期間は7日間が一般的だ。2日間で面接試験とはどういうものかを学び、残り5日間で実際に面接のシミュレーション練習をする。7日間の費用は2~3万元になる。

心竺の面接特訓は、「オンライン、オフライン、長期サポート」がワンセットになっている。面接そのものに対する知識はオンラインで学び、面接練習を行う前にしっかり知識を身にさせ、その分実際の面接練習により多くの時間を割くというもの。

心竺では7日間特訓終了後も1ヶ月のオンライン音声トレーニングを実施する。担当教員が毎日クラスに音声で質問し、学生が順番に答えていく。教員による模範解答と指導はもちろん、学生同士も自由に意見を交換する。「この1ヶ月面接特訓で、学生はより広い視野を持ち、面接スキルもアップする」と七対氏。

さらに、心竺がすでに展開しているアプリではAIが自動で問題を提案してくれるが、今後は採点指導まで可能となるシステムを開発中だ。同じことの繰り返しになる単純業務は一切機械に任せよう、そして、カリキュラムの充実や監督指導サービスといった面へマンパワーを注ごうというのが、心竺メンバーの狙いだ。

心竺の教員は江蘇省トップの公務員受験予備校から招き入れており、いずれも指導経験は5年以上。オンラインビデオ講座の映像はすべて彼らが作成している。

現在、心竺は受講料納付に2つのコースを用意している。1元のライブ公開講座コースと69元の正規コースだ。また、頭条(Toutiao)や微信(WeChat)といったSNSで公式アカウントを公開、フォロワー数は20万人を超えるほか、バイドゥ(Baido, 百度)広告も展開している。

心竺の創業者メンバーは全員南京大学の卒業生。七対氏はアリババ(阿里巴巴)で製品管理責任者として9年間勤務、その後湖畔大学で製品部門や技術職、教育などを担当した。営業責任者の繆欣欣氏は教育機関で6年間の学生指導経験を持ち、技術責任者の雷暁氏はアント・フィナンシャル(螞蟻金服)で勤務していた。

七対氏の考える教育の最終モデルは「人プラスIT」だ。ITの活用は様々なソリューションを提供する。ユーザーの行動に絶えず対応し、提供するコンテンツ側にフィードバックする。コンテンツの更新を繰り返す作業は人の手で行われるため、人的サポートとして学習にも良い効果を与える。コンテンツといった製品関連の開発にAI技術の向上が伴っていけば、マンパワーはよりきめ細かいサービスに注力できるだろう。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手