スタートアップ注目記事

セグウェイ買収の中国「ナインボット」が上場、シャオミ生態系企業として4社目

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国スマートフォン及びIoT家電大手のシャオミ(小米)のエコシステム(生態系)にある企業「ナインボット(Ninebot=九号機器人)」が10月29日、上海証券取引所ハイテク企業向け市場「科創板」に上場した。株価発行価格は18.94元(約296円)だったが、11月2日時点で株価は54.6元(約853円)まで上昇し、時価総額は385億元(約6000億円)となっている。

2012年に設立されたナインボットは、バランススクーターの開発や製造を手掛けている企業だ。2014年にシャオミからの出資を受けて以来、国内外の市場への進出を加速させた。2015年当時、1万元(約16万)がバランススクーターの相場だったところへ、1999元(約3万1200円)のモデルを発売した。また同年には電動キックボードの代表企業、米「セグウェイ(Segway)」も買収した。

現在、ナインボットは短距離交通ツールやサービスロボットを中心に事業を展開している。 以前に公開された目論見書によると、前者の収益(電動バランススクーター+電動キックボード)が全収益の9割以上を占めており、サービスロボットは初期段階で、収益規模はまだ小さい。同社の2017-2019年の営業収益は、それぞれ約13億8100万元(約216億円)、42億4800万元(約665億円)、45億8600万元(約716億円)となっている。

(翻訳・Ai)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録