知乎、新規資金調達を否定、7月末にクリエイタープラットフォーム立ち上げ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

知乎 新規融資を否定、7月末にクリエイタープラットフォーム立ち上げ

最前线 | 知乎否认新一轮融资,“创作服务平台”或于7月底推出

今日,界面从多位接近交易人士处获悉,知乎新一轮融资接近尾声,估值约20亿美元。上述知情人士还透露,知乎上一轮资方今日资本和腾讯继续参与了本轮融资。这笔融资或于近期正式对外公布。
36氪就此求证知乎方面,对方表示:“消息不实”。截止发稿前,腾讯方面也未就此事作出回复。不过有业内知情人士告诉36氪,知乎的新一轮融资或在本月敲定,估值可能不到20亿美元。去年1月,知乎完成1亿美元D轮融资,投资方为今日资本,包括腾讯、搜狗、赛富、启明、创新工场等,据创新工场披露,融资后知乎的估值已经超过10亿美金。如果以20亿美金计算,知乎的估值在过去一年半里翻了一倍。

与国外在线知识问答社区Quora相比,两者估值大体相当。Quora于去年4月底完成8500万美元D轮融资,估值从上一轮的9亿美元飙升至18亿美元。

不过在商业化方面,知乎要比Quora有更多的尝试,比如传统的banner广告、知乎live、“专栏打赏”、“付费授权功能”以及知乎书店等。目前,知乎收入依旧以广告为主。知乎副总裁张荣乐曾表示,整体广告收入增长速度“非常快”。

最前线 | 知乎否认新一轮融资,“创作服务平台”或于7月底推出

来自鲸准

在国内市场,知乎曾遭遇到挑战。去年6月,头条问答更名为悟空问答,剑指知乎。两个月后,微博网友爆料知乎被今日头条挖走300个大V。就此事,曾引起知乎联合创始人张亮与今日头条创始人张一鸣公开互怼。据36氪当时报道,今日头条不仅重金挖人,而且给予很大的流量扶持。

悟空问答的强势行为,曾一度让很多人为知乎担忧。QuestMobile发布的数据显示,去年10月知乎的月活为1351万、百度知道243万、百度百科159万、悟空问答121万,悟空增速惊人。

不过近一年时间过去了,据36氪了解,悟空问答并没有获得想象中的高速成长。或许上述报告也说明了一些问题,知乎的用户高知、高收、年轻,对于一个精英类的知识社区至关重要。而悟空问答高龄、低知、低收。

最前线 | 知乎否认新一轮融资,“创作服务平台”或于7月底推出

在今年的盐Club大会上,知乎联合创始人兼CEO周源透露,目前知乎注册用户数达1.6亿、年增长达到95.12%,同时,知乎回答总数也在5月8日正式突破1亿。

最近以来,知乎的动作十分频繁。4月12日,知乎宣布推出全新音频付费产品“知乎·读书会”。6月6日,知乎宣布将“知识市场”业务升级为“知乎大学”,并组建新的知识市场事业部。同时,知乎还宣布“超级会员”启动正式售卖,标价348元。6月20日,知乎App首页上线以3-5分钟时长的短视频为主的视频专区。

据界面报道,目前知乎启动“创作服务平台”,正在内测。知情人士还透露,该平台将于本月月底正式推出。

谈及知乎未来将如何发展?周源在知乎帖子中写到:“长远规划是满足用户对知识分享和使用各种场景的需求,这是因为我们的使命是让知识连接一切。问答是一个长期有价值的需求场景,但并非唯一场景。”

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

本日、界面ニュースが金融取引関係者から得た情報によると、Q&Aサイト運営会社知乎(ちこ)が評価額約20億ドルの新規融資を近々完了するという。さらに、前回知乎に融資した今日資本とテンセント(騰訊)が、引き続き今回の融資を行うと明かした。近日中に正式発表があるとのことだ。

この件に関して、36Krスタッフが知乎側に問い合わせたところ、「その情報は真実ではない」との返事だった。テンセント側からの返答も、この記事の投稿締め切りまで待ったものの間に合わず。しかし、業界事情に詳しいある人物は、知乎の新たな融資の結論は今月中に出るかもしれない、評価額は20億ドルに届かないだろうと教えてくれた。

昨年1月、知乎は1億ドルのDラウンド投資を完了した。出資企業は今日資本をはじめ、テンセント、捜狗(Sogou)、賽富(SAIF Partners)、啓明創投、創新工場(Sinovation Ventures)などで、その創新工場によると、資金調達後の知乎の評価額は10億ドルを超えたという。 もし今回、20億ドルとの計算になるとすれば、この1年半で知乎の評価額は倍増したことになる。

海外のQ&AコミュニティサイトQuora(クオーラ)と比較すると、両社の評価額に大きな差はない。 Quoraは、昨年4月末に8,500万ドルのDラウンド投資を完了し、評価額は前回の9億ドルから18億ドルに跳ね上がった。

知乎のビジネス展開だが、従来のバナー広告に加え、知乎live、コラム大賞、版権料代行サービス、知乎書店といったお試し機能を設置しており、その数はQuoraより多い。収入源は何と言っても広告料であり、「広告料トータルでの収入は急速に伸びている」と張栄楽副社長は言う。

国内ではライバルの挑戦を受けた。昨年6月、「頭条問答」が「悟空問答」と名称変更し、知乎に対抗するサービスを打ち出す。 この2ヶ月後、「今日頭条」が知乎の認証済みアカウント300名を引き抜いたとの情報がウェイボー(微博)ユーザーから発せられると、知乎の共同創業者張亮氏と「今日頭条」創業者の張一鳴氏が、お互いを非難する事態となった。当時の36Kr記事によると、「今日頭条」は引き抜きに金銭を利用しただけでなく、膨大な通信量を保障したとある。

悟空問答の攻勢で、知乎を心配する声も多く寄せられた。QuestMobileの統計によると、昨年10月のMAU(月間アクティブユーザー)は、知乎1,351万、百度知道243万、百度百科159万、悟空問答121万となっており、悟空問答は驚くべき躍進を見せた。

しかし、ほぼ1年が経過した現在、悟空問答は思ったより伸びなかったというのが36 Krスタッフの見方だ。この結果は逆に、ある問題を露呈したかもしれない。つまり、知乎ユーザーは高学歴、高収入、若年といった人たちであり、意識が高い人々のコミュニティサイトにはこのユーザー層こそ不可欠なのだ。一方の悟空問答ユーザーは比較的年齢が高く、低学歴、低収入である。

今年の知乎ユーザーオフ会(塩Club大会)では、知乎共同創業者兼CEOの周源氏が、「現在、知乎登録ユーザー数は1億6,000万、年間増加率は95.12%、知乎総アンサー数は5月8日に1億件に達した。」と発言した。

ここ最近、知乎は続けざまにアクションを起こしている。4月12日、朗読音源付きの有料読書サービス「知乎・読書会」を発表。6月6日、「知識市場」で扱っていたサービスを「知乎大学」へとレベルアップすると同時に、知識市場事業部を設立。また、利用料348元のプレミアム会員サービスも正式に運営開始した。さらに6月20日には、知乎アプリに動画視聴コーナーを設置、3~5分の短編動画の提供を始めた。

界面ニュースによると、知乎は目下、クリエイタープラットフォームの立ち上げに向けたテストを実施中だという。今月末に正式に運営を開始するとの関係者情報もあった。

知乎は今後どこへ向かうのか? CEO周源氏は知乎ポストに次のように投稿している。「長期的な展望は、知識をシェアしたい、様々なシナリオが欲しいというユーザーのニーズに応えること。知的コンテンツで全てを繋ぐことが私たちの使命。知乎Q&Aは長期的価値のあるニーズ対応シナリオだが、これが唯一のシナリオというわけではない。」

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録