WeChatミニプログラムの「お気に入り」登録が50件に拡大、タスクバー進化で使用感大幅アップ

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

テクノロジー注目記事

WeChatミニプログラムの「お気に入り」登録が50件に拡大、タスクバー進化で使用感大幅アップ

最前线 | 微信升级小程序任务栏,小程序也可以收藏和排序了

许盈 • 2018-07-13 • 大公司
今日,微信官方宣布,在最新版的微信客户端中,对小程序任务栏功能进行了升级,并将星标功能升级为“我的小程序”。

这意味着小程序的入口离用户更近了,用户可以更方便地查找到小程序。在最新的微信客户端中,用户只要下拉聊天界面,就能拉出任务栏,打开最近使用过的小程序和“我的小程序”。

最前线 | 微信升级小程序任务栏,小程序也可以收藏和排序了
原有的星标小程序功能,也升级为“我的小程序”,同时个数上限提高到50个,并支持排序。用户可以通过首页下拉小程序任务栏、“发现-小程序-最近使用”列表、小程序的右上角“···”菜单及小程序简介页的右上角“···”菜单添加“我的小程序”。

最前线 | 微信升级小程序任务栏,小程序也可以收藏和排序了

对于上述功能,iOS用户可以更新微信6.7.1版本进行使用,而Android用户还需要等待。

2018年以来,微信小程序不断地推出新的功能:

1月16日,小程序全面开放社交立减金,帮助商家通过社交引流,提升经营能力。

1月25日,小程序新增了支持跳转App的功能,从APP分享至微信的小程序页面,用户访问时支持打开来源应用。

3月29日,小程序可以接入广告;新增插件管理接口,同时支持小程序授权第三方平台添加插件。

4月4日,小游戏对第三方开发者全面开放。

5月9日,小游戏发布拒绝“分享滥用”的规则,违规的开发者将受处理。

5月18日,APP与小程序双向打通,APP也可以直接打开小程序。

6月6日,小游戏发布“3+4”能力,外部APP可打开小游戏。

6月14日,小程序能直接打开公众号文章。

6月15日,小程序、小游戏代码包由原来的4M扩容至8M。

在7月11日举行的第七季微信公开课上,微信官方公布了小程序上线16个月的成绩单:目前小程序数量已经超过100万,每日人均打开次数为4次,54%的打开次数为用户主动打开。这说明,用户已经逐渐养成了主动使用小程序的习惯,而此次对小程序任务栏的改版,极大地方便了用户对小程序的打开、查找与归类。

在小程序高歌猛进背后,不仅是微信向类OS的超级APP迈进,也是腾讯面对头条等劲敌的流量保卫。微信已经走过了7个年头,增长见顶、公众号打开下降且信息过载、用户对朋友圈的热情降低,都是摆在微信面前的问题。在今年4月12日的“互联网+”数字经济峰会上,马化腾把小程序放在了“1357战略”(即一个目标,三个角色,五个领域,七种工具)中七种工具之一的重要地位,而另一大工具公众号,已经于6月下旬改版。

小程序在发布了近一年半以后,通过与社交、公众号、微信支付等功能联动,其相对APP优势逐渐显现,All in小程序的商家不在少数。展现在APP开发者和商家面前的,是一个充满诱惑的广阔前景:微信的用户就是我们的用户。

続きを読む

2018年7月13日、WeChatの公式発表によると、最新バージョンのWeChatアプリがミニプログラムのタスクバーをアップグレードするとともに、従来の「星マーク機能(お気に入り登録機能)」を「我的小程序(マイミニプログラム)」として一新することがわかった。

これは、ミニプログラム利用の入り口がよりユーザーに近づくことを意味する。ユーザーは自らのニーズに合ったミニプログラムをより簡単に検索できるようになるうえ、最新のWeChatアプリでは、チャット画面を下にスワイプするだけでタスクバーが表示されるようになる。ここからミニプログラムの使用履歴や「我的小程序(マイミニプログラム)」を開くことができる。

お気に入りのミニプログラムを10個までブックマークできる従来の「星マーク機能」も「我的小程序」へアップグレード。お気に入りの登録は上限50個までに増え、ソート機能もサポートされた。タスクバーをスワイプで引き出したら、「発見→ミニプログラム→最近使用したミニプログラム」とたどると直近で使ったミニプログラムの一覧が表示されるので、ここから登録したいミニプログラムを「我的小程序」に追加できる。

これらの新機能について、iOSユーザーはWeChatをバージョン6.7.1にアップデートすれば使用できる。Androidもまもなく追随するだろう。

2018年、WeChatミニプログラムは継続的に新機能を導入してきた。

・1月16日:ミニプログラムは、友達紹介クーポンサービス(社交立減金)を全面的に公開。業者はソーシャルを通じた集客が可能になり、営業力向上につなげられる。

・1月25日:ミニプログラムとアプリ間のスイッチング機能を追加。アプリ上でミニプログラムへのリンクをシェアし、ミニプログラムへのアクセス時にリンク元アプリの起動をサポート。

・3月29日:ミニプログラムに広告を導入。プラグイン管理インターフェースを追加し、同時に承認済みのサードパーティプラットフォームによるプラグイン追加をサポート。

・4月4日:ミニゲームをサードパーティデベロッパーに全面的に開放。

・5月9日:ミニゲームが「シェア乱用」を禁止、違反したデベロッパーを処分すると発表。

・5月18日:アプリによるミニプログラムの直接起動が可能に。

・6月6日:外部アプリによるミニゲーム起動が可能に。

・6月14日:ミニプログラムでWeChat公式アカウントの記事を直接開くことが可能に。

・6月15日:ミニプログラムとミニゲームコードのソースパッケージが、従来の4Mから8Mに拡張。

ミニプログラム利用はユーザーの日常習慣となった

7月11日に開催された「第7季WeChatオープンクラス」で、WeChat運営陣はミニプログラムのローンチ後16ヶ月間の実績を公表した。それによると、WeChat内のミニプログラムは現在100万件以上に達した。ユーザー1人が1日当たりに起動する回数は4回、うち54%はユーザー自らで起動しているとのこと。ユーザーにとって、ミニプログラムの利用が徐々に習慣化されていることが分かった。さらに、このほどのタスクバー修正でミニプログラムの使用感は大幅に向上し、起動・検索・ソートなど一連の操作が非常に便利になっている。

ミニプログラムの目に見える躍進の背後で、WeChat自身はOS的位置づけを担う“スーパーアプリ”へ進化。さらに、テンセント社自体もニュースアグリゲーター・今日頭条(Toutiao)などの競合に対してトラフィック防衛を行っている。

WeChatが走り出してすでに7年、そろそろ成長は鈍化が見えはじめている。公式アカウントのアクセス数減少・情報過多・ユーザーのモーメンツ離れは、いずれもWeChatが目の当たりにしている問題だ。今年4月12日に開かれた「2018年中国“インターネット+”デジタル経済サミット」で、テンセントCEOのポニー・マー(馬化騰)氏は、「1357戦略(1つの目標・3つの役割・5つのカテゴリー・7種のツール)」の掲げる“7種のツール”のひとつにミニプログラムを挙げた。

ミニプログラムが発表されて1年半近く。ソーシャル・公式アカウント・WeChat Payなどの機能が連動することでアプリに対する優位性が徐々に見えはじめた。“All inミニプログラム”を採用する企業も少なくない。アプリ開発者や企業にとっては、「WeChatユーザー=自社のユーザー」という非常に魅力的な方程式が見えてきた。

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手