卵製品のサプライチェーン統合を切り口に生鮮マーケットへ参入、「龙龙蛋」はSkydaga Capitalより500万元のエンジェルラウンド融資を獲得

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

ビジネス

卵製品のサプライチェーン統合を切り口に生鮮マーケットへ参入、「龙龙蛋」はSkydaga Capitalより500万元のエンジェルラウンド融資を獲得

以蛋品供应链整合切入生鲜市场,「龙龙蛋」获星瀚资本 500 万元天使轮融资

36氪获悉,近日农副产品供应链平台「龙龙蛋」获星瀚资本 500 万元天使轮融资。
鸡蛋的保鲜期比较短,通常在 14-30 天,传统的蛋品供应经过层层经销到达消费者手里,流转周期长达 14 天。而且在分销过程中,碎蛋率、价格、包装等因素并没有形成统一标准,依然存在市场分散、经销商见人下菜、沟通成本高等问题。

「龙龙蛋」从供应链整合入手,以 F2B2C 的模式,越过蛋品供应链中的层层经销商环节,将养鸡场的蛋品直接销往社区生鲜店、菜场等小B端,再由他们销售给 C 端消费者。这样一来,蛋品的流转周期缩短到 3 天,效率提升 4 倍,而且经销的利润被剔除,鸡蛋的毛利可以增加 10 个点。

36氪首发 | 以蛋品供应链整合切入生鲜市场,「龙龙蛋」获星瀚资本 500 万元天使轮融资

供应链闭环优势

在生鲜行业建立竞争壁垒,能否形成供应链闭环是一个关键因素。创始人祁建华告诉36氪,在蛋品销售这个行业,做了几十年的经销商们已经习惯了旧的经营模式,没有想过替换现有模式。

合作的农户有两类:一类是以定产包销的方式,与数量在 5 万羽以上的规模化养鸡场合作;另一类是十几家小农户组成的农业合作社,每户养鸡规模在 8000-10000 羽。合作社的安全性较高,而且不需要定产定销,所有龙龙蛋有 30% 左右的订货量浮动空间。

如何进行供应链整合?一方面,龙龙蛋向养鸡场输出饲料、种鸡和兽药,并回购所有蛋品;另一方面,通过自建仓储,保证充足且稳定的货源,也保证了蛋品的高效流转。

物流方面,龙龙蛋与物流公司合作,采用“轻资产+强管控”的模式,由物流公司提供人员和车辆,龙龙蛋来做管理、培训和考核。目前与龙龙蛋合作的鸡场有十几家,合作社有 4 个,主要分布在山东以及江苏盐城、徐州等地。

建立交货标准,服务下游零售商

标准化一直是生鲜行业的难题,像蔬菜水果这样的非标准品,很难实现整合。而蛋品的完整性、大小和新鲜度都相对容易评估,属于生鲜业中容易形成交货标准的一类。

考虑到零售商的需求,龙龙蛋从 5 个方面建立与下游零售商的交货标准:1. 透明的价格;2. 包装物统一。用标准包装框,避免了因为包装物重量不一产生的沟通成本;3. 低于3%的碎蛋率;4. 送货及时性。今天订购,明天即可送达;5. 建立售后服务和完整的赔付标准。

36氪首发 | 以蛋品供应链整合切入生鲜市场,「龙龙蛋」获星瀚资本 500 万元天使轮融资

创始人祁建华告诉36氪,目前龙龙蛋有 20 个蛋品 SKU,日出货量达到 100 吨,已经与 8000 多家小 B 端的商户达成合作,包括菜场、超市、餐饮、生鲜店等,供应量占整个上海市场份额的 10%,商户的复购率达 80%,近一年的销售额增加了 100 倍,月销售额约 1500 万

下一阶段,龙龙蛋将进一步横向纵向扩展业务。纵向方面,从原来的购买蛋品扩大到向养鸡场提供饲料、种鸡、兽药、保险等等,做全品类的供应链公司。横向上,龙龙蛋计划将业务扩展到上海以外的其他华东地区,到明年 12 月发展 5 个新城市,月销售额增长达到 2.5 亿。

未来,龙龙蛋还希望从研发饲料开始,形成自己的品牌蛋,比如富硒、富锌的生态鸡蛋,帮助改善人们亚健康。另外,龙龙蛋还计划将生产数据电子化,消费者通过扫描鸡蛋包装上的二维码就可以追溯生产的各个环节。

关于投资逻辑,星瀚资本投资经理黄珊珊表示,蛋品行业规模大,增长迅猛,是目前大农业领域少数几个仍存在整合机会的行业,规模化后能提升整体毛利率。龙龙蛋进入市场早,利用主营业务的供应链优势,有机会延伸业务扩大品类,从而形成竞争壁垒。

团队方面,创始人有 6 年的生鲜电商项目投资管理经验,管理团队曾连续创业。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

36Krが把握したところでは、農産物や副産物サプライチェーンプラットフォームの「龙龙蛋」は最近、Skydaga Capitalより500万元のエンジェルラウンドの融資を獲得したということがわかった。

卵の賞味期限は比較的に短く、通常14~30日とされる。これまでのサプライチェーンでは卵は複数の卸業者を経由してから消費者の手元に届けられ、その流通サイクルタイムが14日間にも及ぶ。更に、卸売の過程では、卵が割られる確率、価格やパッケージなどの要素にはスタンダードの基準は存在していないのと、マーケットも分散していることもあり、卸売は小売によって卸価格を吊り上げることで流通コストの高騰などの問題が存在している。

「龙龙蛋」はサプライチェーンの統合からテコ入れを開始し、「F2B2C」ビジネスモデルを通じて卵製品はサプライチェーンにある複数の卸売プロセスを経由せず、養鶏場の卵製品を直接住宅街にあるスーパーマーケットや八百屋など小さなBである小売業者に届け、小売業者を通じてCである消費者に販売する。これにより、卵製品の流通サイクルタイムが三日に短縮され、効率が四倍上がった。更に、卸売のマージンが取り除かれ、卵の粗利が10%増えた。

クローズサプライチェーンが優勢

生鮮業界で競争相手に対する参入障壁を構築するためには、クローズサプライチェーンを築けるかどうかが重要な要素となる。創業者祁建华(チ・ジエンホア)氏は36Krに、卵製品セールス業界では、何十年もの経験を持つ卸売業者は古い経営モデルにすでに慣れてしまい、モデルを変えることを考えたことがないと語った。

龙龙蛋と契約している農家は二タイプあり、一つは、定量購入タイプで、これは五万羽以上の養鶏場と契約する場合である。もう一つは、十数個の農家から成る協同組合のタイプで、一農家の養鶏規模が8,000~10,000羽レベルである。協同組合の安全性が比較的高い上、定量買取しなくてよいため、龙龙蛋にとっては30%ほどのオーダー数量の調整自由度を持っている。

どのようにしてサプライチェーンの統合を行うかについては、龙龙蛋は養鶏場に飼料、種鶏と獣医薬を運んだ後に、購入したすべての卵製品をピックアップする。一方では、自前で倉庫ストックを通じて、充分かつ安定した供給源を保証できたことにより、卵製品の高効率回転を実現した。

物流の面では、龙龙蛋は物流会社とパートナーシップを組み、「ロー資産+ストロングなコントロール」方式を採用し、物流会社が人員と車両を提供し、龙龙蛋がマネジメント、検収と査定を行う。現在龙龙蛋のパートナー養鶏場が約十数社で、協同組合が四社、主に山東省や江蘇の塩城や徐州などに分布している。

取引受渡基準を作り、小売業にサービスを提供する。

標準化は生鮮業界における長年の課題となっている。野菜や果物のようなスタンダード製品でないものに関する基準作りがかなり厄介な問題である。しかし、卵製品の品質の整合性、大小と鮮度は比較的に評価しやすい項目である、生鮮業界の中で比較的に取引受渡基準が作りやすいタイプである。

小売業の需要を考慮し、龙龙蛋が下流小売業者と定めた5つの取引引渡し基準は:1.透明性のある価格;2.パッケージの統一。スタンダードパッケージを採用すると、パッケージ重量の不一致によるコミュニケーションコストを回避した;3.卵が割れる率を3%以下とする;4.定時デリバリー。今日オーダーし、明日受取可能;5.アフターサービスや整った補償基準。

今のところ、龙龙蛋は20の卵製品Stock Keeping Unit(ストック・キーピング・ユニット)を保有している。一日の出荷量は約100トンで、市場、スーパーマーケット、飲食店や八百屋などの8000以上の規模が小さなBである小売業者とパートナーシップを組み、上海市場の約10%の供給量を占めており、小売業者のリピード率が約80%である。この一年間の売上額が100倍増加し、月の売上金額が約1500万元であると創業者祁建华(チ・ジエンホア)氏 は36Krに語った。

次の段階では、龙龙蛋は業務の横展開に力を入れようとしている。縦方面では、卵製品の購入から養鶏場に対して飼料、種鶏や保険などのサービスを増やして、ワンストップサービスを提供できるサプライチェーンカンパニーとなった。横方向では、龙龙蛋は上海以外の華東地区以外への業務を拡大し、今年12月に新規で5つの都市へ展開し、月の売上を2.5億元に増やすと計画している。

将来的に、龙龙蛋は飼料開発にも着手し、自前ブランドの卵がセレニウムと亜鉛を多く含む栄養価の高い卵を自然に作ることで、人の健康改善に役に立てたいと考えている。また、龙龙蛋は生産データを電子化しようと計画している。消費者が卵のパッケージにあるバーコードをスキャーすることに遡って生産の各プロセスを確認することができるようになる。

投資ロジックに関しては、SkygataCapitalの投資経理黄珊删(ホワン・シャンシャン)氏によると、卵製品業界の規模が大きく、成長も著しい。現在農業領域における統合機会を持つ数少ない業界である。規模拡大により全体の粗利率を高めることができる。龙龙蛋のマーケットへの早期参入は、メインで取り扱う業務であるサプライチェーンの強みを生かし、取り扱う業務内容及び品種を拡大させる可能性を持ち、ライバルに対する参入障壁が形成できる。

チームとしては、創業者は六年以上の生鮮電子取引プロジェクトでの投資管理経験を持ち、マネジメントチームメンバーもかつて継続して新規事業を立ち上げたことがある。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手