大企業注目記事

iPhone 12 miniの実力は? 実際に使ってみた

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

スマートフォンは、ディスプレイが大きければ大きいほどいいというものではないが、一昔と比べ、大型ディスプレイの機種が売れているのは事実である。現在販売されている機種のディスプレイは、大半が6.5インチ以上であり、最小でも6インチ以上である。

しかし、アップルは最新のiPhone12のラインナップにおいて、5.4インチのiPhone 12 miniを盛り込んだ。2020年にはより小さいiPhone SEも発売されたが、ある意味在庫処分の機種であるSEに対し、iPhone 12 miniは、狭いスペースでの回路の設計、最新の小型ディスプレイの生産など、巨額なコストがかかっている。

そのコストに見合う売れ行きは、現時点では得られていない。発売初日から、希望小売価格を下回る価格でiPhone 12 miniを販売する店舗があった。おそらく4種類あるiPhone12のうち、miniの売れ行きはもっとも低調だろう。

では、スマートフォンとしてiPhone 12 miniの実力はいかほどか。以下長所と短所をそれぞれ見てみたい。

小型化は長所であり短所

本体サイズが小さいということは、大型のバッテリーを搭載できないということである。そのため、iPhone 12 miniのバッテリー持続時間はやや短く、ゲームなどバッテリー消耗の激しいアプリを使用すると、5時間しか持たないと報告されている。

大型ディスプレイに慣れたユーザーが、小型のディスプレイをうまく操作できるかどうかも問題だ。小型化により、キーボードのサイズやボタンの位置が変わっているため、文字入力に苦労することになるだろう。

もちろん、小型化自体を長所だと捉えることもできる。iPhone 12 miniは、大人なら片手で余裕を持って操作することができ、大型ディスプレイの機種でよくあるように端の部分をタップするのに両手が必要という煩わしさはない。

そして、驚くほどの軽さである。重さはわずか133グラム、持っていて重いと感じることはないだろう。5G対応のスマホのなかで、現時点ではiPhone 12 miniが最も持ち運びしやすい機種である。

性能も満足できる水準だ。iPhone 12 miniとiPhone 12の写真撮影機能と写真の出来具合はほぼ同じだ。ディスプレイについては、iPhone 12 miniのディスプレイがやや黄色っぽく見えるとするコメントがあるが、色温度を自動調節するTrue Tone機能をオフにすれば、そのようなこともなくなる。

総合的に見れば、小さいスマホを使いたいというニーズが一定数あるため、iPhone 12 miniはそれなりに人気が出るだろう。しかし、バッテリー持続時間、小さなディスプレイを操作することの難しさ、テキストや動画を視聴するときに小さな画面で満足できないといった課題は、解決できないものであるため、爆発的な人気は出ないと予想できる。

作者:雷科技(Wechat ID:leitech)、翻訳:小六

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録