印タタ財閥、ネットスーパー大手「bigbasket」の買収に向けて交渉中

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

印タタ財閥、ネットスーパー大手「bigbasket」の買収に向けて交渉中

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インドの財閥「タタ・グループ」が、同国のオンラインスーパー大手「bigbasket」の株式80%の購入に向け、交渉を進めているという。インドの英字メディア「The Financial Express」が報じた。

2011年に設立されたbigbasketは、生鮮食品や日用品を販売するインド最大のプラットフォームだ。2018年にアリババから1億4600万ドル(約152億円)を調達し、2019年にはユニコーン企業への仲間入りを果たしている。現在インドで1兆ドル(約104兆円)規模といわれる小売市場のうち、同社はグローサリー分野で約半数のシェアを占めると伝えられており、さらなる成長が期待されている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録