中国新興EV3社、11月の販売実績が記録更新 蔚来(NIO)1位で理想(Li Auto)と小鵬(Xpeng)も僅差

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

中国新興EV3社、11月の販売実績が記録更新 蔚来(NIO)1位で理想(Li Auto)と小鵬(Xpeng)も僅差

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

12月1日、電気自動車(EV)メーカー「蔚来汽車(NIO)」が、2020年11月の販売台数を発表した。データによると、11月の新車販売台数は5291台で、単月あたりの販売台数としては、4ヶ月連続で最高記録を更新した。2020年累計の販売台数は3万6721台で、前年同期比111.1%増だった。

同日、「小鵬汽車(Xpeng Motors)」も11月の販売台数を発表。同社の11月の新車販売台数は、前年同月比342%増の4224台で、今年最高を更新。また、2020年累計の販売台数は2万1341台で、前年同期比87%増。中でも新型EVセダン「小鵬P7」は、今年6月に引き渡しを本格的に開始して以来、納車台数は1万1371台を突破。新興EVブランドが展開する車種では、最速で1万台を突破したモデルとなった。

現段階では1車種のみを展開している「理想汽車(Li Auto)」も11月の新車販売台数を発表。11月、同社が唯一展開するクロスオーバーSUV「理想ONE(Li ONE)」は4646台を販売。こちらも、単月あたりの販売台数としては最高となった。理想ONEの2020年累計販売台数は2万6498台。

現時点では蔚来がトップを走り、理想が僅差で食らいつく中、小鵬がそれを超える機会を伺う状勢にある。米株式市場にそろって上場する3社は、着実に「3強」状態を形成しつつあるといえよう。

(翻訳・小久江)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録