国を跨ぐ人気レストラン“王辣辣酸辣粉”、Pre-Aラウンドで1000万元の資金調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

ビジネス注目記事

国を跨ぐ人気レストラン“王辣辣酸辣粉”、Pre-Aラウンドで1000万元の資金調達

新消费、新人群,跨国餐饮网红店的生意经,「王辣辣酸辣粉」获千万元Pre-A轮融资

36氪获悉,近日新消费品品牌「王辣辣酸辣粉」完成千万元Pre-A轮融资,资方为挑战者资本、安赐资本,本轮融资将用于店面扩张、线上线下供应链完善及品牌传播。
在王辣辣酸辣粉的经营中,我们发现,有这么几点特别之处:

1、它从海外景区网红店起家,回国后走向社区、商圈店依然有生命力。2、在口味正宗的基础上,做小吃店的升级。3、先线下、后线上,以“女性成长”为品牌文化内核。

36氪首发 | 新消费、新人群,跨国餐饮网红店的生意经,「王辣辣酸辣粉」获千万元Pre-A轮融资

2015 年王辣辣先在泰国开始做线下店,次年回国开店。2017 年开始做线上电商销售,以微信社群电商为主。

至今在泰国普吉海滩、芭东海滩的游客打卡胜地有 2 家网红店,综合日均消费 300 人次,客单价在 35 元左右。店铺设计为当地传统的古兰纳风格,方便游客拍照、传播,形成品牌传播和声量。据创始人 & CEO 王曼娜介绍,泰国的人工成本较低,净利润 50% 左右。

国内目前在北京合生汇、悠唐购物中心、和百子湾有商圈、社区店 3 家面积在 50-120 平米,综合日均消费 700 人次,客单价 30 元左右,客单价相同,但人工、租金成本更高,利润率则在 30% 左右(以此推算,单店月盈利达数万元)。

小吃是个大赛道,它在所有品类门店数中排第一,占餐饮门店总数的 1/3。其进入门槛较低、刚需特征明显,但同时意味着竞争压力极大。在餐饮业结构过剩的市场化环境下,餐饮业以每年 70% 的比例洗牌。但王辣辣却能从海外稳步扩张到国内,有哪些经验?

创业早期,王曼娜在供应链和标准化上做了不少功夫。

为了保证口感一致,在产品标准化上,王辣辣酸辣粉做了「真空速食包统一配比」,门店稍作加热处理,配以当地采购的生鲜食材便可上桌。

据王曼娜介绍,王辣辣的调味料包由三十多味香料熬制,配方采购自重庆老师傅的百年火锅底料配方;粉条为鲜粉条(湿粉)真空包装;大多数竞品配的黄豆为普通包装的炒制干黄豆,王辣辣则用了 10g 真空包装的油炸黄豆;还配有新鲜的真空包装肉末。

36氪首发 | 新消费、新人群,跨国餐饮网红店的生意经,「王辣辣酸辣粉」获千万元Pre-A轮融资

在门店标准化上,显性来看,王辣辣在品牌 VI、店面形象上做了传统街边店的升级。隐性方面,它采购了 SaaS 系统,做管理流程、采购流程及门店服务、运营的 SOP。

其次,从餐品到场景,满足个性化消费。除了经典口味,王辣辣还开发出了肥肠、骨汤、还有冬阴功等口味的浇头。不同场景,门店的餐品组合也不同,王辣辣研发了上百个 SKU,各个门店挑选上架 20 多个 SKU,比如景区、商圈店配有饮料、炸串,社区店则配有烧饼等。

此外,王辣辣的社群也在店铺扩张中起到了很大的作用。据了解,其泰国的第二家店就来自微信群的一次众筹。王辣辣现有 100 多个粉丝群,总量有 1 万多人。

据王曼娜介绍,这批王辣辣酸辣粉的死忠粉,大多为 20-30 岁的女性,有不少是年收入过亿的网红、微商。她们独立、火辣、有强烈的自我实现欲望。公司极少在群里发酸辣粉相关的内容,而是做女性成长、创业、变美相关的分享活动。

根据中国饭店协会的调查,有 94.7% 的消费者会为了某个特定的产品或口味去一家餐厅消费。如此王辣辣突出单款爆品的策略,有助于提高复购率。而酸辣粉的口味本来就有攻击性,容易形成强烈的味觉记忆 —— 这和“当代女性的自我实现意识”有强关联。

从一碗酸辣粉起步,把品牌文化落在女性成长,这是王辣辣比较特别的一点。

36氪首发 | 新消费、新人群,跨国餐饮网红店的生意经,「王辣辣酸辣粉」获千万元Pre-A轮融资

王辣辣粉丝群「少女粉丝天团」前排右起第三位为王曼娜

目前王辣辣电商起步刚三个月,出货量在百万元/月、复购率达 40%。两款颜值派产品售价 18 元、28 元,销售渠道主要是微信群分销。规划中,除了推动电商,2018 年王辣辣预计再开 10 家直营店,100 家加盟店,国内和海外同期放开加盟业务,海外店将主要集中在北美和东南亚的热门景区,国内店将主要集中在商圈、步行街和社区。

据统计,2017 年我国 20-35 岁的消费者贡献了 74% 的餐饮消费。据餐饮老板内参预测,未来数年,面向年轻客群的消费升级,依然是维持上行商业收益的关键现金流,时尚、健康、品质将直接带动单次消费容量。

国内类似定位的餐饮品牌还有伏牛堂、西少爷等。伏牛堂定位于日常餐食,相对于小吃拉高了有效营业时间和客单价;西少爷则专注于肉夹馍,同样有爆款小吃的属性,据此前数据,通过外卖其月坪效保持在 6000—8000 元之间。对比起来,王辣辣的线上线下渠道、产品策略以及运营效率还有待提高。

王辣辣团队现有 70 余人,创始人 & CEO 王曼娜有数年媒体从业经历,有品牌策划及电商创业经历。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

最近新しいブランド“王辣辣酸辣粉”がPre-Aラウンドで1000万人民元の資金調達を完了した。この資金調達は店舗拡張、オンラインおよびオフラインのサプライチェーンおよびブランドの宣伝に使われる。

王辣辣の経営に関して、いくつかの特筆すべき点があることがわかった。

1. 海外の観光地でネット店として人気が出て、中国に戻った後も中国のコミュニティやマーケットに対して勢いがあった。

2. 本物の味に基づいており、小吃(店や屋台の一品料理のこと)の店舗としてアップグレード版である。

3. オフラインで始まり、その後オンラインへと、 “女性の成長”がブランドの核となっている。

2015年に王辣辣はオフラインの店舗をタイで始め、翌年には中国に戻った。 2017年には、主にWeChatコミュニティのeコマースをベースにした販売を開始した。

今まで、タイのプーケットビーチとパトンビーチの観光リゾートには2つのケータリングショップがあり、1日平均消費量は300人、客価格は約35元である。 店は地元の伝統的なグランナスタイルで設計されており、観光客が写真を撮ってそれが広がり、ブランドの形はそのような宣伝や声によって作られた。 創業者であり経営者の王曼娜氏によると、タイの労働コストは低く、純利益は約50%である。

現在、北城河熙市悠塘ショッピングセンター、百子湾のマーケット、コミュニティには50〜120平方メートルの広さを誇る3つの店舗がある。そこでの1日平均来店数は700人、客価格は約30元である。客単価は一緒だが、人件費、 賃貸料は高く、利益率は約30%だ(この場合、1店舗あたりの月間利益は数万元)。

小吃というカテゴリーは、すべてのショップの中で最初にランクインされ、レストラン、飲食店の総数の1/3を占めている。その業界へ参入するための敷居は低く、その特徴は明らかだ。しかしそれは大きな競争と圧力があることを意味している。飲食業界が過剰な構造の市場環境では、飲食業界は年間70%の割合でシャッフルされる。 しかし、王辣辣は海外から着実に中国へと拡大することができている。これにはどんな経験が生きているのか?

起業した初期の頃、王曼娜氏はサプライチェーンと標準化について多くの苦労を強いられた。

一貫した味を保証し製品の標準化を図るため、王辣辣が作った“成分比率が統一された真空インスタントパック”を、店ですぐに加熱処理し、ローカルの新鮮な食材を提供するというものだ。

王曼娜氏によると、王辣辣の調味料は30以上の香辛料を煮詰めて作られ、仕入れ、調合は重慶のシェフが作る“百年火鍋ベース”を調合したもの、麺はしっとりしたライスヌードルを真空包装、ほとんどの競合製品は大豆を普通に包装されたものを炒めて使用しているが、王辣辣は大豆10gの真空パックされたもの揚げている。さらに、真空パックされたミンチも使用している。

店舗の標準化において王辣辣はVI設計で、店舗イメージは伝統的なお店の雰囲気にアップグレードしている。 見えない部分ではSaaSシステムを導入し、管理プロセス、調達プロセス、およびストアサービスを標準作業化した。
次に、食べ物から雰囲気まで、個性的であることにもこだわる。 古典的な味に加え、脂肪ソーセージ、骨スープ、トム・ヤムクンなどのトッピングを開発。王辣辣は100以上のSKUを開発し、各店舗が 20以上のSKUを選択できる。例えば風光明媚な店、飲み物を扱うビジネス地区店、揚げた串焼き、ごま入りのコミュニティストアなどである。

また王辣辣のコミュニティは、店舗の拡大に大きな役割を果たしている。 タイで2番目の店舗は、WeChatのグループから来ている。王辣辣には100以上のファングループがおり、10,000人以上が参加している。

王曼哪氏によると、これら王辣辣の熱狂的なファンは、主に20〜30歳の女性である。それらの多くは年間収入が1億を超えるネット上での有名人やWeChat商人である。 彼らは独立しており熱心で、自己実現のための強い欲求を持っている。 同社では酸辣粉の関連のコンテンツはめったに出ないが、女性の成長、起業家精神、そして美しさに関連したものを広める活動を行っている。

China Hotel Associationによる調査によると、消費者の94.7%が特定の商品や味のためにレストランに行くという。 その点で王辣辣のヒット商品に狙いを定めた戦略は、リピート率を高めるのに役立つ。 酸辣粉の味は本質的に刺激的であり、強烈な印象を残す。この点でも「現代の女性の自己実現の意識」と強く関連している。

一杯の酸辣粉から始まり、ブランド文化は女性の成長にあり、これこそが王辣辣の特別なポイントだといえる。


王辣辣ファングループの「少女粉丝天团」前列右から三番目が創業者の王曼娜

王辣辣のeコマースは始まってわずか3ヶ月で月間出荷額は100万元、リピート率は40%である。 2つの人気商品は18元と28元で販売されており、販売チャネルは主にWeChatのグループセールスである。 計画では、2018年にはeコマースを促進するだけでなく、10店舗の直営店舗と100店舗のフランチャイズ店舗をオープンし、国内外のお店が同時期にフランチャイズ店舗を開店する予定だ。海外店舗は主に北米や東南アジアの人気景勝地に集中させる。 店舗はビジネス地区、歩行者通り、コミュニティに焦点を当てていく。

統計によると、2017年に中国の20〜35歳の消費者は、食品の消費量の74%を拠出した。飲食経営リファレンスの予測によると、今後数年間は若い層の顧客への消費アップグレード、また大きな収益の鍵となるキャッシュフロー、ファッション、健康志向、品質の良さが消費をさらに促すものとなると見ている。

国内で似たような位置付けとなるブランドは伏牛堂(フーニウタン)、西少爺(シーシャオイエ)などです。伏牛堂は日常の食事に位置付けられ、それに対し小吃は営業時間の長さや客単価のアップで対抗している。伏牛堂は肉夹馍(肉を挟んだバーガーのようなもの)に狙いを絞っており、同じく爆発的ヒットの特徴を持っている。毎月テイクアウトで平均6000〜8000元の売り上げを保っている。対照的に、王辣辣はオンラインチャネルとオフラインチャネルにおける製品戦略と運用効率はまだ改善されていない。

メディア業界とブランドの企画やeコマース起業経験を持つ、創業者兼CEO王曼哪氏の王辣辣グループの人数は70人余りにのぼっている。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録