ロールスロイス フライトタクシープランを発表  ウーバーとの空中戦は不可避

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

テクノロジー注目記事

ロールスロイス フライトタクシープランを発表 ウーバーとの空中戦は不可避

最前线 | 劳斯莱斯公布飞行出租车计划,在空中与Uber必有一战

Uber的空中汽车计划迎来一位新对手:全球顶级超豪华轿车厂商劳斯莱斯。

英国喷气发动机制造商劳斯莱斯公司公开表示,它正计划开发一款电动垂直起飞和降落的飞行出租车EVTOL,目前公司已经发布了EVTOL的3D渲染图,预计2020年问世。

谈及飞行汽车的概念,并不新鲜。2009年,由美国特拉福嘉公司推出的世界首辆飞行汽车“飞跃(Transition)”已经试飞成功。紧接着,吸引了诸如谷歌、Uber、法国空中客车公司(Airbus)和奥迪先后推出了自己的飞行汽车概念。

有意思的是,此次劳斯莱斯公司推出的飞行出租车计划,和Uber在2016年提出的打造空中打车服务的计划颇为相似。

Uber在2016年提出了飞行出租的计划后,2017年初在第二届Uber Elevate峰会上正式发布飞行出租车原型机,名为“通用参考模型”。和劳斯莱斯公司一样,Uber也计划在2020年进行测试运作,它还打算在2023年开始在部分城市率先运营“空中的士”服务UberAIR。

同样都是做“空中打车服务”,如果一切都按照计划进行,那么,未来在飞行出租车市场中,劳斯莱斯公司将成为Uber强有力的竞争对手。

资料显示,劳斯莱斯公司的EVTOL可以搭载4-5名乘客,而Uber的飞行出租能容纳四个乘客和一个飞行员,所以从容量上看,双方没有明显的差距。

速度可能是双方差距比较明显的地方。劳斯莱斯的EVTOL最大时速可以达到每小时402公里,而Uber的飞行速度为每小时240-320公里,速度上劳斯莱斯EVTOL具有明显的优势。

但EVTOL的高速是建立在“燃油+电动”混合动力模式基础上,而Uber的飞行出租车是纯电动模式,显然,Uber的飞行汽车要更环保。

但劳斯莱斯公司认为,混合动力模式的设计保证了速度,这对于周转时间以分钟计算的通勤服务非常重要。

目前双方的产品都还处于计划阶段,劳斯莱斯只是展示了EVTOL的3D渲染图;Uber在第二届Uber Elevate峰会上,也还没有展示出真正成型的模型。

劳斯莱斯公司表示,EVTOL采用已有技术或正在开发中的技术,既可用于载人,也可用于载货或者用于军事领域,Uber则寄希望于与制造商伙伴的合作等来完成空中打车计划,把“地面”的共享模式复制到空中。

然而就目前的条件来说,无论是劳斯莱斯还是Uber的飞行出租计划都面临一些难题。比如飞行出租的起飞和降落都受到上下空间的限制。一方面,日常车辆的停车空间肯定不能满足飞行出租车的需求;另一方面,飞行出租飞上天以后还涉及到空域管理、空间服务以及飞行安全等等问题,又该怎么解决?

因此,与其谈论劳斯莱斯和Uber的空中较量,不如关注谁能先飞起来更为实际。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

ウーバー(Uber)のフライトタクシープランに、新しいライバルを迎えることになった。それは世界最高峰の高級車メーカー、ロールスロイスである。

英国のジェットエンジンメーカーであるロールスロイスは、電動垂直離着陸飛行タクシーEVTOLの開発を計画中だ。現在すでにEVTOLの3Dレンダリングを発表しており、2020年のリリースを予定している。

飛行機のコンセプトについて述べるのは新鮮なことではない。2009年には世界初の飛行機である、米国トラファルガー社が開発した「トランジション」がすでに試験飛行に成功している。 その後もGoogle、Uber、仏国エアバス社Airbus、Audiなどが、相次いで発表された独自のフライトタクシーのコンセプトに惹かれた。

興味深いことに、今回ロールスロイスが発表したフライトタクシープランは、2016年に提出したエアータクシーサービスを構築するウーバーのプランと非常によく似ている。

ウーバーは2016年にフライトタクシープランを提案した後、2017年の初めに第2回Uber Elevateサミットにて「ユニバーサルリファレンスモデル」と呼ばれるフライトタクシーのプロトタイプ機を飛行させることを正式に発表した。ロールスロイスと同様に、ウーバーも2020年に試験運用を計画しており、また2023年には一部の都市で「エアータクシー」サービスUberAIRを率先して運用する予定である。

2社とも同様に「エアタクシーサービス」を行い、すべてが計画どおりに進めば、将来のフライトタクシー市場において、ロールスロイスはウーバーの強力な競争相手になるだろう。

データによると、ロールスロイスのEVTOLは4~5人の乗客が搭乗でき、一方ウーバーのフライトタクシーでは、4人の乗客と1人のパイロットが搭乗できるため、両社のキャパシティーに大きな差はない。
だが速度については、両者間に明らかな違いがある。ロールスロイスのEVTOLは最高時速402キロメートルに達することができるが、ウーバーの飛行速度は時速240〜320キロメートルで、ロールスロイスEVTOLが明らかに優勢である。

EVTOLの高速度は「燃料+電気」ハイブリッド動力モデルに基づいて構築されている一方、ウーバーのフライトタクシーは純粋な電動モデルだ。環境面では明らかにウーバーの飛行機のほうが優勢となる。

しかしロールスロイスは、ハイブリッドモデルの設計はスピードを保証していると考えており、これは分単位を求める通勤時間のような場合に非常に重要である。

現在のところ両社の製品はまだ計画段階にあり、ロールスロイスはEVTOLの3Dレンダリングのみ発表しているが、ウーバーは第2回Uber Elevateサミットでも未だ実物モデルを発表していない。

ロールスロイスは、EVTOLは既存の技術と現在開発中の技術を乗用飛行機、または貨物搭載や軍事用途に採用可能であると述べている。一方ウーバーはパートナーメーカーとのコラボレーション等でフライトタクシー計画を完成し、「地上」にて享受しているモデルを空中にも複製したい考えだ。

現在の条件では、ロールスロイスとウーバー共に、フライトタクシープランにおいて難題に直面している。例えばフライトタクシーの離着陸は、上下のスペースによって制限される。車両の駐車スペースではフライトタクシーのニーズを完全に満たすことはできないのだ。さらにフライトタクシーが飛んだ後は空域管理、空間サービス、飛行の安全などの問題も出てくる。これらはどのように解決していくのだろうか。

ロールスロイスとウーバー間の空中戦については、談義を交わすよりもどちらが最初に飛ぶことができるかに焦点を当てる方が現実的であると言える。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録