”拼多多”最新目論見書:最高資金調達額18.7億ドル、テンセント、紅杉資本が各2.5億ドルの増資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

投資

”拼多多”最新目論見書:最高資金調達額18.7億ドル、テンセント、紅杉資本が各2.5億ドルの増資

拼多多更新招股书:最高拟融资18.7亿美元,腾讯红杉各增持2.5亿美金

2018年3月,拼多多曾以125亿美元左右的估值完成上市前的新一轮融资
17天后,拼多多IPO有了新的进程。

36氪今日凌晨获悉,拼多多向美国证券交易委员会(SEC)更新了此前提交的招股书。根据更新后的材料,拼多多计划在纳斯达克申请挂牌,代码PDD,承销商为高盛、瑞信、中金和华兴资本,受托银行为德意志银行。

拼多多将以每股16~19美元的价格发行85,600,000股美国存托股票(ADS),最高拟融资18.7亿美元,其中腾讯和红杉资本将在此轮IPO中拟各增持2.5亿美金。

更新后的招股书披露,拼多多计划将40%的募资款用于增强和扩大公司现有业务,40%的会用于技术研发,剩余资金会用于日常公司运营和潜在投资项目。

预计本轮IPO后,创始人、董事长兼CEO黄峥将占股46.8%,拥有89.8%的投票权,腾讯所占股比为17.0%,投票权为3.3%;高榕所占股比为9.3%,投票权为1.8%;红杉所占股比为6.8%,投票权为1.3%。融资后,拼多多的市值也将突破240亿美元。

招股书同时显示,2018年3月,拼多多曾以125亿美元左右的估值完成上市前的新一轮融资。

值得注意的是,在陆奇、新加坡前外长杨荣文受邀担任独立董事之后,高盛前总裁约翰·桑顿(John Thornton)亦受邀,与陆奇和杨荣文共同出任拼多多顾问委员会委员。这意味着他们三人将分别在分布式人工智能、新型平台治理规则以及拓展全球化市场等方面,为拼多多的长期发展提供智力支撑和提供组织保障。

成立仅3年,拼多多就将GMV做到了千亿元以上。拼多多在此前提交的招股书中给出了确切数字:2018年第一季度实现营收13.85亿元人民币,增长37倍,去年同期实现营收3700万人民币。单季成交金额达662亿人民币,2017年全年成交金额为1412亿元人民币。

而此次招股书更新,拼多多披露了2018年第二季度的财务数据:截至2018年6月30日的12个月间,拼多多GMV达2621亿元。拼多多活跃买家数达3.44亿,活跃买家平均消费额从674元增至763元。当季,拼多多的平均月活用户达1.95亿,较Q1增长17%。

为达到千亿营收,京东用了6年时间,阿里则用了10年。根据极光发布的《2017年移动互联网行业盘点app榜单》,拼多多在综合电商App渗透率排行榜中位列第三,把上市公司唯品会等一众老牌电商甩在身后。

“拼多多的模式很符合中国国情,中国三五线甚至农村的购买力很强劲,他们抓住了这一波红利,未来增长空间很大”,曾有投资人如是告诉36氪。

公开资料显示,拼多多迄今为止共完成4轮融资。上一轮融资发生在2018年3月,由腾讯和红杉联合领投。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

17日後,拼多多のIPOに新しい進展があった。

36Krに今朝方、1つの知らせが届いた。拼多多がアメリカ証券取引委員会(SEC)に目論見書を提出したのだ。提出された資料によると、拼多多はナスダックに上場申請する計画と、PDDの株式コードをゴールドマンサックス、クレディスイス、中国国際金融(CICC)に提出し、徳意志銀行(Deutsche Bank)が受託したことが記載されていた。

拼多多は米国預託株式(ADS)で85,600,000株を1株当たり16ドルから19ドルの価格で発行し、最大18.7億ドルの資金調達を予定している。そのうちテンセント、紅杉資本(セコイア・キャピタル・チャイナ)はこのIPOの際にそれぞれ2.5億ドル増資するという。

更新された目論見書によると、拼多多は調達した資金の40%を既存事業の強化・拡張するために使い、研究開発に40%、残りの資金を日常業務や潜在的な投資プロジェクトに使用することを明らかにした。

IPO後、創業者でもあり会長兼CEOの黄峥氏は株の46.8%と議決権の89.9%、テンセントは株の17%と議決権の3.3%、高榕は株の9.3%と議決権の1.8%、セコイア・キャピタル・チャイナは株の6.8%、議決権の1.3%を保有する。資金調達後、拼多多は市場価値が240億ドルを超えると予測される。

目論見書によれば、拼多多は2018年3月には上場前に約125億ドルの資金調達を完了している。

注目すべき点として、陆奇氏と元シンガポール外務大臣の楊栄文氏が社外取締役として招待された後に、ゴールドマンサックスの前社長ジョン・ソーントンも招待された。さらには陆奇氏と楊栄文氏は拼多多の諮問委員会のメンバーに任命されている。ここから推測されるに、彼ら3人は分散型人工知能、新型プラットフォームガバナンスルール、グローバル市場の拡大などに向けた拼多多の長期的な発展のために知的支援と組織的保障を提供すると考えられる。

設立後わずか3年で、拼多多のGMVは1000億元を達成した。拼多多が以前提出した目論見書では、以下のような詳細な数字が確認されている。2018年第1四半期の営業利益は37倍増の13億5500万元、昨年の同時期の営業利益は3700万元。2018年の単一四半期の取引金額は662億元、2017年の取引金額1412億元である。

そして、目論見書の更新内容から拼多多の2018年第2四半期の財務データが明らかにされた。2018年6月30日に達するまでの12か月間で、拼多多のGMVの総額は2621億元に達した。拼多多のバイヤーの数は3.44万人に達し、バイヤーの平均消費量は674元から763元に増加した。当期では、拼多多の平均月間ユーザは1.95万人に達し、Q1より17%もユーザ数が増加している。

営業収入が1000億元に達するまでに、京東(JD.COM)は6年間の時間を費やし、アリババは10年間もの時間を費やした。極光が発行した「2017年モバイルアプリランキング」によると、拼多多が総合電子商取引アプリランキングの普及率で第3位となった。上場企業の唯品会(VIPSHOP)など、古くからあるeコマースブランドは後退している。

「拼多多のモデルは、中国の国情と非常にマッチしており、中国の比較的発展していない都市部、さらには農村部で購買力が強く、さらなる将来の成長が見込まれる」と、ある投資家が36Krに述べた。

公開された情報によると、拼多多はこれまでに4回の資金調達に成功している。前回の資金調達は2018年3月にテンセントとセコイア・キャピタル・チャイナの共同でリード投資を行った。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録