科学研究成果をビジネスに、「Maidiantech」Aラウンドで2000万元の資金調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

マーケティング注目記事

科学研究成果をビジネスに、「Maidiantech」Aラウンドで2000万元の資金調達

切入科研成果商业化,「脉点科技」获 2000 万人民币 A 轮融资

据业内人士统计,国内科研成果商业化的比例不到 10%。在研究者一端:毕业生要做研究写论文,科研员要做实验出报告,科学家要研究新科技。但事实上,很多科研成果都停留在理论层面。在企业一端,研发生产则需要新技术的支持。研究者和企业没有沟通渠道,信息不对称变相的造成了资源浪费。

36氪近期接触到的「脉点科技」想搭建一个科技成果转化完整的服务体系,解决科技成果信息孤岛问题。脉点科技近日完成 2000 万元 A 轮融资,投资方暂不作披露。融资将用于扩充科技服务、扩张互联网运营团队,加快全国线下布局和优化服务体系。

36氪首发 | 切入科研成果商业化,「脉点科技」获 2000 万人民币 A 轮融资

此前企业和科学家主要是通过展会、论坛和政府组织的各类对接,整个过程手续多流程长,需求沟通不明确则需要几次返工。以政府合作为例,需要先提交需求,政府划分行业、派给研究所、指给相关专业的研究人员,然后见面碰需求、了解技术、选择合作方式,再进行一系列后续的商业合作。

对此,脉点科技针对电子信息、新材料、生物技术、新能源等行业的中小型企业,切入合作全流程,想提供一站式科技成果服务。

在线上,脉点开发了 App「脉点科技」,收录了科技项目、科技资讯、专家、仪器、专利等信息,供企业查询。企业在登录时填写所处行业和产品等相关信息,系统结合用户使用习惯,会智能推荐和企业匹配的信息。当企业对某一领域科技资源提出需求时,会有脉点经纪人确认企业需求,并为企业和专家牵线搭桥。平台上也可以共享高科技设备。

为了解决因需求不明确而返工的问题,脉点开发了双经纪人服务模式。科学经纪人以专业领域划分,负责对接专家;产业经纪人则与企业对接,深入到车间和研发中心了解企业需求。双经纪人会进行沟通,确认需求和技术是否匹配。

在线下,脉点为合作提供后续服务。脉点在临沂、青岛、潍坊、郑州等地与政府合作建立了产业园区,提供研发场地。此外,脉点科技也提供人才培训、科技金融等服务。

在这一模式下,企业可以通过在线与科技成果、专家人才进行了解和对接,也可以了解脉点智库提供的在线科技情报和行业分析。而且,此前整个科研成果对接的流程冗长繁琐,合作模式繁多,企业无法判断哪种模式是最佳的解决方案,脉点科技将整个流程标准化,用平台和经纪人帮助企业寻求科研合作。

关于商业模式,脉点将专家约见、产业技术情报服务按次计费,也聚合了后续基金投资、知识产权运营、商业咨询、法务等服务,收取一部分佣金。此外,脉点也提供一揽子服务“企业成长伙伴计划”,按年收取服务费。

脉点科技核心团队来自于中科院,均在科技成果转化行业从业十年以上。其数据库拥有 20 万条可转移转化的科技项目,10 万科研人才资源,3.84 万台科研设备可供线上开放共享。

AI翻訳で続きを読む
コメントを見る

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

業界関係者による統計では、国内の科学研究成果が最終的に商業化に結びつく割合は10%未満である。 研究者側では、卒業生は個人の研究や論文の作成、研究者は実験、科学者は新しい技術について研究しなければならない。 しかし、実際には多くの科学的研究成果が理論的なレベルで留まってしまっている。 企業側は、研究成果の利用には新技術のサポートが必要だ。 しかし現在、研究者と企業にはコミュニケーションを取る方法がないためチャネルがなく、研究成果が商業化には結びついていない。

「Maidiantech(脈点科技)」はこれらの問題が解決でき、科学技術成果を商業成果に結びつけるサービスシステムを構築したいと考えている。最近になり、Maidiantechは、(投資家の名前はまだ公表されていないが)Aラウンドで2000万元(3億2,000万円)の資金調達を完了した。 調達資金は技術サービスの拡大、インターネット運営チームの拡大、全国的なオフラインレイアウトの迅速化、サービスシステムの最適化に使用される。

これまでは、企業と科学者は主にカンファレンス、フォーラムや政府組織の各レベルの話し合いでコンタクトを取りあっていた。そのため全体を通してのプロセスは長期化する傾向にあり、要求が不明確な場合は何往復も連絡を取り合わなければいけない。政府とのやりとりでいうと、まずは企業側が政府機関に要望を提出、政府が他業者に委任、その業者が研究所と連絡を取り、関連する専門の研究者を探すことになる。その後、企業の要求を伝え、必要な技術を確認した後、協力方法を決めるため企業と研究者側で直接会う約束をし、商業化に向けた協力を行う。

このような長期プロセスを簡略化するため、Maidiantechは、電子情報、新素材、バイオテクノロジー、新エネルギー業界にある中小企業に向け、ワンストップで利用できる研究成果サービスを提供することにより、企業と科学者の提携プロセスに介入したいと思っている。

オンライン上では、Maidiantechは「脉点科技」というアプリを開発している。同アプリには科学技術プロジェクト、科学技術インフォメーション、専門家、機器、特許などの技術情報が収録され、企業のニーズによって検索することができる。企業側がアカウントを作成する際、その業界および自社の製品に関する関連情報の記入を促される。システムはそれらの情報とアプリ使用状況を組み合わせることにより、企業の潜在的ニーズにマッチングした情報を紹介することも可能とだ。企業が科学技術資源の特定の分野に関して興味がある場合は、Maidiantechブローカーが、その企業のビジネスニーズを確認して適した専門家を紹介する。ハイテク機器も同プラットフォーム上で共有することができる。

企業側のニーズが不明瞭な時にマッチングプロセスが長期化してしまう問題を解決するため、Maidiantechは「科学」と「業界」のデュアルブローカーサービスモデルを提唱している。 「科学」ブローカーはプロフェッショナル分野ごとに分かれており、マッチングを専門に担当する。「業界」ブローカーは企業と連携し、ワークショップや研究開発センターに足を運び、企業側のニーズを理解することを専門に担当する。 「科学」ブローカーと「業界」ブローカーは、要件と技術が一致するかどうかを判断するために密なコミュニケーションを取り合う。

オフラインでは、Maidiantechは協力企業のためのフォローアップサービスを提供する。 臨沂(りんぎ)市、青島市、濰坊(いほう)市、鄭州(ていしゅう)市などの街において、政府と連携した研究開発地域を提供するための工業団地を設立した。 さらに、Maidiantechは、才能訓練や科学技術ファイナンスなどのサービスも提供している。

このモデルでは、企業はオンラインで科学技術成果と専門家を結びつけることが可能になり、Maidiantechのシンクタンク(調査・研究を行い、政策への提言をする研究機関)が提供するオンライン科学情報と業界分析情報を獲得することもできる。また、以前では、科学研究全体をマッチングするプロセスは時間がかかり、多くの協力形態が存在するため、企業にとってどの選択肢が最良の解決策であるのか判断するのが困難だった。Maidiantechはプロセス全体を標準化、オンラインプラットフォームとブローカーを使用することにより企業のための科学技術協力プロセスを提供する。

ビジネスモデルに関しては、Maidiantechは専門家面談・産業技術情報サービスに対し時間ベースで料金を請求し、フォローアップファンド投資、知的財産業務、ビジネスコンサルティング、法務などのサービスに対し、部分的に手数料を取る。 また、Maidiantechは年間でサービス料金を請求する「Enterprise Growth Partner Program」サービスパッケージも提供している。

Maidiantechの主要メンバーは中国科学院から来ており、全員が10年以上にわたり科学技術成果変化業界で働いている。 Maidiantechのデータベースには、利用可能な20万の技術プロジェクト、10万の科学研究人材、3.84万の科学研究装置についての情報が収められている。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手