東南アジアのライドシェア&フードデリバリー大手「Grab」、今年中に米IPOか

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

東南アジアのライドシェア&フードデリバリー大手「Grab」、今年中に米IPOか

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

東南アジアにおけるネット配車やフードデリバリーサービスを提供する大手企業「Grab(グラブ)」が、今年中に米国でのIPOを計画し、少なくとも20億ドル(約2080億円)を調達すると報じられた。東南アジアの企業としては、過去最大の海外IPOになると見込まれている。

本件に関して、Grab側はコメントを控えている。

2012年の設立以来、Grabは20回近い資金調達を行い、総額100億ドル(約1兆400億円)以上の資金を集めてきた。 現在、決済、貸付、保険などの金融事業、モビリティ、フードデリバリー、即時配達などのローカル生活関連事業、サードパーティパートナー向けのプラットフォーム事業の3つを基幹事業としてる。 

目下、ソフトバンクやウーバー(Uber)による支援のもと、時価総額150億ドルにのぼる同社は、金融サービス業界への進出を加速させている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録