印タタ財閥、ネットスーパー「bigbasket」の買収完了 初期投資家のアリババは撤退か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

印タタ財閥、ネットスーパー「bigbasket」の買収完了 初期投資家のアリババは撤退か

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インドの大手経済メディア「Economic Times」の報道によると、インドの財閥「タタ・グループ」が、同国のオンラインスーパー大手「bigbasket」への資本投下を完了した。タタ・グループはbigbasketの過半数の株式を取得し、買収額は総額2億~2億5000万ドル(約207億~259億円)に達するという。

消息筋によると、今回のタタ・グループによる買収は、これまでbigbasketの2大投資家だった中国EC大手のアリババとアラブ首長国連邦の投資会社「アブラージ・グループ(Abraaj Group)」が、bigbasketから全面的に撤退する機会となる可能性があるという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録