「2020年は復活の1年」 中国版テスラ「NIO」、積極的なEV開発を再開(二)

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

「2020年は復活の1年」 中国版テスラ「NIO」、積極的なEV開発を再開(二)

■ より多くの中国テックトレンド、業界分析、スタートアップ情報について、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」にてご提供いたします。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

「2020年は復活の1年になった」。中国版テスラと呼ばれる新興EV(電気自動車)メーカー「NIO(蔚来汽車)」の李斌CEOは1月9日に開かれた年次発表会「NIO Day」でこう述べた。

同社は昨年、2019年の業績不振から劇的な回復を果たし、販売台数は4万3000台を超え、時価総額は自動車メーカー世界第4位に躍進した。しかし、2019年に失った時間は資金の損失よりも大きかった。

年次発表会では150kWh固体電池のバッテリーパック、航続距離1000km超のEVセダン「ET7」、次世代自動運転技術などを発表し、NIOの実力を示したが、ET7の納車は2022年第1四半期となる見通しだ。

固体電池と自動運転技術の導入はさらに遅く、最大で2年近くかかるという。 ET7は2019年の上海モーターショーで発表する予定だったが、資金繰りの問題で先送りされていた。

今年は新技術と新製品の普及が進むだろう。テスラ(Tesla)はすでに中国で生産したミッドサイズSUV「Model Y」を予定価格より安い34万元(約550万円)で発売。また、北米では完全自動運転対応コンピュータ「FSD」ベータ版のアップデートを繰り返しており、同社CEOのイーロン・マスク氏のペースを考えれば、これも年内に中国へ持ち込まれる可能性がある。

そして2022年には新旧の自動車メーカーが揃ってEVに力を注ぐことになりそうだ。NIOは新たなプラットフォームを搭載したET7を納車する。テスラや中国新興EVメーカーの「理想汽車(Li Auto)」と「小鵬汽車(Xpeng)」に加え、従来型の自動車メーカーが設立する独立ブランドも次世代技術とプラットフォームをリリースするとみられる。

経営スピードに定評のあるNIOは、慣れ親しんだアグレッシブなペースを取り戻そうとしている。

大量のデータを処理するため、NIO Adamスーパーコンピュータには米半導体メーカー「NVIDIA(エヌビディア)」製のSoC「Orin」が4基搭載されており、演算能力は1016TOPSとテスラのFSDの約7倍に上る。

しかし、新技術の応用ではエンジニアリングやソフトウェアの能力も試される。「演算能力がここまで大きいと、消費電力と放熱が大きな問題になる」「ユーザーの気を引く固体電池、LiDAR、Orinといった最先端のスペックが量産時にリスクをもたらす」といった意見も聞かれる。

最新鋭スペックの採用は同社の一貫した商品戦略だ。NIOのサプライヤーは「李斌氏は、最新の技術があれば自分にはそれを使う勇気があるとはっきり言った。彼はテスラを超えたいと思っている」と述べている。

過去5年にわたるサバイバルを経て、新興自動車メーカーは製品、技術、戦略をめぐる熾烈な戦いの新ラウンドを迎えている。李斌氏とNIOは再び立ち上がらなければならない。

前篇:数値の力

逆を向くテスラとNIO

中国と米国のEVリーディングカンパニー、NIOとテスラは全く異なる道を歩んでいる。

テスラは「世界的な持続可能なエネルギーへの移行を加速させる」ことをミッションと定め、効率性を軸に価格を下げ続けることでEVを普及させようとしている。

NIOも「Blue sky is coming」とうたっており、価値観はテスラと一致しているように見える。 しかし、李斌氏は「ユーザーサービスを着実に行い、自動車を売り続けること」でユーザーに快適な生活をもたらすことこそがNIOの歩む道だと考えている。

テスラは製品の低価格化を進めている。「Model X」や「Model S」は1000万元(約1600万円)を超えているが、上海工場で生産予定の新車種は、価格が15万~20万元(約240万~320万円)になると予想されている。大衆に手の届く水準まで価格が下がり、テスラのブランド力も加われば、EVの普及が進むのは時間の問題だと思われる。

一方のNIOにライバルとペースを合わせる気は無い。「テスラはフォードやフォルクスワーゲンを目指しているが、当社はBBA(ベンツ、BMW、アウディ)を目指す」と李斌氏は語っている。

また、マスク氏が何度もLiDARを批判してきたのに対し、李斌氏は「安全性の向上に全力を尽くすべき」「自動運転にはLiDARが必要」と発言。LiDARや自動運転などのスペックを頼りに、NIOはET7の最低価格を7人乗りEV「ES8」と同等の44万8000元(約720万円)に引き上げた。

ET7が搭載するLiDAR(年次発表会にて撮影)

メディアから価格引き下げの可能性について質問された李斌氏は「NIOに価格を下げる余地はない」と述べている。

NIOは2020年第2四半期にようやく粗利益率がプラスに転じた。また、業績の向上に伴って株価が上昇し、数百億元(数千億円)の増資も行った。資金が武器となる今後の戦いで、NIOは貴重な粗利益率を守らなければならない。

企業は事業の発展段階に応じた戦略を選択しなければならない。テスラは現地生産のメリットによってシェアを拡大しているが、復活したばかりのNIOはスペックと技術を積み上げて製品の魅力を確立する必要がある。

李斌氏は「値下げをしないとは言ったが、いつまでもしないとは言っていない」とも述べている。
(翻訳・神戸三四郎)


■ より多くの中国テックトレンド、業界分析、スタートアップ情報について、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」にてご提供いたします。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録