大企業注目記事

ビリビリ動画、20年4Q決算好調維持 広告・EC事業3ケタ増でMAUも2億人突破

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の大人気動画共有サイト「ビリビリ動画(bilibili)」が2月25日、2020年第4四半期(10~12月)及び通年の財務諸表(未監査)を発表した。

同四半期の売上高は前年同期比91%増の38億4000万元(約629億円)で、市場予想を上回った。2020年度の総売上高は前年同期比77%増の120億元(約1965億円)。

月間アクティブユーザー(MAU)は前年同期比55%増の2億200万人、モバイル端末のMAUは同61%増の1億8700万人で、日間アクティブユーザー(DAU)は同42%増の5400万人だった。

月間課金ユーザー(MPU)は前年同期比103%増の1790万人で、課金率も前年同期の6.8%から8.9%に増加している。売上総利益率は24.6%に伸び、7四半期連続で上昇した。

ゲーム事業の売上高は前年同期比30%増の11億3000万元(約185億円)だった。同社は、大ヒット中のオープンワールド・アクションRPG「原神(Genshin)」の中国Android版の主要運営パートナーとして名を連ねている。

広告事業の売上高は同149%増の7億2000万元(約118億円)で、ゲーム、食品・飲料、Eコマース、スキンケア・美容、3C製品(パソコン・通信機器・家電)が契約先の5大カテゴリーを占めた。

Eコマースおよびその他事業の売上高は同168%増の7億4000万元(約121億円)だった。

(翻訳・Ai)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録