トラック配車アプリ最大手「満幇集団」10億ドル調達へ

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

注目記事ビジネス

トラック配車アプリ最大手「満幇集団」10億ドル調達へ

最前线 | “货运版滴滴”满帮集团寻求10亿美元融资,估值达到100亿美元

被称为“货运版滴滴”的满帮集团离上市又近了一步。

据《华尔街日报》援引知情人士消息,中国车货匹配信息平台满帮集团(Manbang Group)正寻求在新一轮融资中筹资10亿美元。满帮集团的投资者包括了软银集团股份有限公司(SoftBank Group Corp., 9984.TO)和Alphabet Inc. (GOOG)。知情人士称,最新一轮融资对满帮集团的估值将达到100亿美元。

去年11月,江苏满运软件科技有限公司(运满满)与贵阳货车帮科技有限公司(货车帮)合并为现在的满帮集团。今年4月,满帮集团宣布完成合并后的第一轮融资,融资金额19亿美元。4月份完成的融资对该公司的估值为逾60亿美元。

据天眼查信息显示,满邦集团在合并前后的基本融资情况为:

  • 2013年11月30日,完成数百万人民币天使轮融资;
  • 2014年11月28日,获A轮500万美元融资;
  • 2015年5月12日,获B轮数亿元人民币融资,投资方为光速中国;
  • 2015年8月19日,获C轮数亿元人民币融资,云锋基金领投,红杉资本中国、光速中国跟投;
  • 2016年7月1日,获C+轮数5000万美元融资;
  • 2017年1月6日,获D轮1.1亿美元融资,GGV纪源资本、襄禾资本领投,云锋基金、红杉资本中国、光速中国等参投;
  • 2017年11月17日,获D+轮1.2亿美元融资,投资方为Tiger老虎基金;
  • 2018年4月24日,获E轮19亿美元融资,国新基金软银愿景基金领投,谷歌资本(CapitalG)、Farallon Capital、Baillie Gifford、Ward Ferry、阳光保险融汇资本、金沙江创投等多家境内外投资机构跟投;红杉资本中国、腾讯产业共赢基金、GGV纪源资本等也参与本轮融资。

满帮集团已经成长为中国最大的车货匹配信息平台,其核心业务是为用户提供信息交互平台服务。

但满帮的目标不止于此。满邦集团合并时,其CEO王刚曾表示,满帮不仅要提供更加快捷准确的信息交互平台服务,还将探索新能源、无人驾驶、出海等领域。

目前,满帮正在大力发展货车车后服务,通过覆盖柴油、ETC、新车、金融、保险、园区等服务领域,为货车司机提供一站式服务。

今年6月,满邦集团投资车后电商企业甲乙丙丁3亿元人民币,为进入中国车后市场行业打下基础。同时,满帮集团也在加快布局能源互联网,今年7月,山东满帮能源有限公司正式启动,满帮集团车油供应链业务正式落地。

这家新崛起的独角兽正在快速成长。胡润研究院今年发布的《2018第二季度胡润大中华区独角兽指数》显示,截至2018年6月30日,满帮集团估值增长300%,较上一季度排名上升28位,以400亿元估值在进榜的162家独角兽公司中位列第18位。

虽然满帮现在占据着行业头部位置,但也面临着诸多挑战。一方面它面临着与物流商之间的利益冲突。今年6月,满帮与物流商之间展开了一场定价权争夺战,但最终满帮在压力下选择了妥协。另一方面,在城际物流配货领域,满帮还面临着路鲸、560及“一点通”等多个竞争对手的威胁。

因此,虽然满帮看似一路顺风顺水,但它也不能高枕无忧。

続きを読む
コメントを見る

米紙ウォールストリートジャーナルが関係者からの情報として伝えたところによると、中国のトラック配車アプリ最大手・満幇集団(フル・トラック・アライアンス・グループ)は新たに10億ドル(約1100億円)の調達を目指している。出資者にはソフトバンクグループや、グーグルの持ち株会社アルファベットが含まれるという。今回の調達によって、満幇集団の企業価値は100億ドルに上るとの見方もある。

満幇集団は2017年11月、トラック配車アプリでシェア1位の「貨車幇」を運営する貴陽貨車幇科技と、同2位の「運満満」を運営する江蘇満運軟件科技との合併によって誕生した。2018年4月、統合後初の資金調達で19億ドルを獲得。当時、企業価値は約60億ドルとされた。

企業情報を提供するアプリ・天眼査によると、満幇集団の合併前後の資金調達の流れは以下の通り:

2013年11月30日、エンジェルラウンドで数百万元を調達
2014年11月28日、シリーズAラウンドで500万ドルを調達
20115年5月12日、シリーズBラウンドで数億元を調達。出資者は光速中国
2015年8月19日、シリーズCラウンドで数億元を調達。出資主導は雲鋒基金で、紅杉資本中国、光速中国が追随
2016年7月1日、シリーズC+ラウンドで5000万ドルを調達
2017年1月6日、シリーズDラウンドで1.1億ドルを調達。出資主導はGGVキャピタルと襄禾資本。雲鋒基金と紅杉資本中国、光速中国などが参加
2017年11月17日、シリーズD+ラウンドで1.2億ドルを調達。出資者はTiger老虎基金
2018年4月24日、シリーズEラウンドで19億ドルを調達。ソフトバンク主導の投資ファンドであるビジョン・ファンドと中国政府系プライベートエクイティの国新科創基金が主導。キャピタルG、ウォード・フェリー、ファラロン・キャピタル、ベイリー・ギフォード、陽光保険融匯資本、金沙江創投など国内外の投資機構が参加。

こうして満幇集団はトラック配車アプリとしては国内最大手となった。トラック運転手と荷主をマッチングするアプリの運営が主要事業だ。ただし、同グループの目標はそれにはとどまらない。CEOの王剛氏は今後、より迅速で正確な情報にリーチするプラットフォームの構築や、新エネルギー、無人運転、海運の分野にも着手する考えを示している。また、トラック運転手を対象に軽油、ETC、新車、金融、保険などを網羅するワンストップサービスを拡大していく方針だ。

満幇集団は2018年6月、自動車アフタ―マーケットECの甲乙平定に3億元を出資。同市場参入への基礎を打ちたてた。さらに7月、山東満幇能源を設立して正式にガソリン供給事業に着手した。

新興ユニコーン企業として急速な拡大を遂げる満幇集団だが、中国の民間シンクタンク・胡潤研究院が発表した「2018年第2四半期大中華区ユニコーン指数」によると、2018年6月30日までに企業価値は300%増の400億元と評価された。同番付表に選出されたユニコーン企業162社のうち18位にランクされ、前四半期より順位を28上げている。

業界では上位に位置づけているものの、課題も多い。ひとつは物流業界との利益相反行為が指摘されている点だ。実際に2018年6月、一部の物流企業との間で価格決定権について争議となり最終的には満幇集団側が譲歩という結果で落ち着いた。さらには、都市間物流において路鯨科技物流、560物流集団、物流一点通といった競合企業の圧力も受けている。

一見して順調な満幇集団だが、安心するにはまだ早い。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手