Q&Aサイト中国最大手「知乎(Zhihu)」が米国IPOへ マネタイズに課題

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

Q&Aサイト中国最大手「知乎(Zhihu)」が米国IPOへ マネタイズに課題

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米国東部標準時3月5日、Q&Aサイト大手「知乎(Zhihu)」がIPO(新規株式公開)に向けた提出した目論見書が米国証券取引委員会(SEC)のサイトで公表された。同社は米国ニューヨーク証券取引所での上場を計画しており、ティッカーコードは「ZH」。

知乎は中国最大のオンラインQ&Aコミュニティ。コンテンツを中心に、オンライン広告、有料会員、ビジネスコンテンツソリューション、その他サービス(オンライン教育やECなど)という4つのセクターで収益化を図っている。2020年12月31日時点で、7570万に達するMAU(月間アクティブユーザー)と、累積4310万人のコンテンツクリエイターを擁し、3億2000万件の問題・回答がシェアされている。

知乎は2011年に設立されて以来、「創新工場(Sinovation Ventures)」、「啓明創投(Qiming Venture Partners)」、テンセント(騰訊)、バイドゥ(百度)、「快手科技(Kuaishou Technology)」などから、少なくとも6度の資金調達を行っている。

一方収益面では、現在も自身に見合ったビジネス化モデルを見出せないままだ。長年にわたり、資金調達に頼って苦戦を強いられてきた。目論見書によれば、2020年の同社の総売上高は、前年2019年の6億7100万元(約112億円)から101.7%増の13億5200万元(約225億円)、純損失は2019年の10億元(約166億円)から48.5%減の5億1800万元(約86億円)となっている。

Q&Aサイト「知乎(Zhihu)」がライブ動画配信機能リリース、商業化の一環で

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録