アリババから出資 「上海秉坤」楊剛氏 美容化粧品小売業の経営傾向について語る

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

アリババから出資 「上海秉坤」楊剛氏 美容化粧品小売業の経営傾向について語る

拿到阿里投资后,「上海秉坤」杨刚跟我们聊了聊美妆零售行业的管理趋势

此前,36氪曾报道了上海秉坤获阿里领投的 9000 万元 B 轮融资消息,这是一家为美妆品牌提供线下零售管理解决方案的服务商。美妆不陌生,但美妆零售管理行业离我们却有一定距离,报道后我们收到读者关于这一行业的好奇点,为此,我们整理后对秉坤的创始人杨刚进行了专访,对话整理记录如下:

Q:美妆零售管理与其他零售行业管理有什么不一样?

杨刚(下文简称杨):美妆行业的零售业务本身与其他行业有比较显著的不同,所以支撑美妆行业的零售系统也一定的差异性。比如美妆行业对体验、服务、消费者复购,特别重视,而且创新特别多;美妆的商品组合供应链,与其他行业也不一样。这都需要信息系统的支持。

具体来说,美妆产品是非常个性化的产品,服务和体验在消费者决策中会起到明显作用,同时美妆季节性强,复购率也比较高,这就要求美妆品牌更加重视对会员的管理,通过了解用户的消费行为,根据消费数据对用户进行精细化运营,提升品牌忠诚度。

当下品牌的竞争越来越集中在产品的竞争上。通过实时的系统及时收集市场信息,支持产品研发、改善产品设计、调整供需、优化供应链显得尤为重要。

Q:您一直在强调数据这个词,这是美妆零售行业管理的大趋势吗?

杨:从大的角度来讲,整个零售行业包括美妆行业,在零售管理方面,都在向“在线化、数字化、智能化”的方向演变。这已经成为行业内的共识,关键在于是谁能够先实现并占据市场。

从在线化的角度,顾客和品牌之间的连接,一部分已经在线化了,但是品牌内部资源以及品牌与供应商之间的连接、代理商之间的连接在线化还在路上。从数字化的角度,企业可被数字化的数据、行为和场景非常丰富,但是目前阶段数字化的数据还不多。从智能化的角度,很少有零售企业能做到可以像天猫那样千人千面,可以说智能化还没有开始。

我们作为美妆零售信息化工具和运营服务商的任务,需要完善自己的产品和服务,成为品牌走向“在线化、数字化、智能化”的可依靠的合作伙伴。实现这三个目标也是我们正在研发的新一代零售管理轻代码开发平台的初心。

Q:秉坤将在行业里成为什么样的角色?零售管理平台会出现天花板吗?

杨:从行业来说秉坤想要成为这一细分领域的龙头品牌。当然,纯工具型的产品天花板不会高,我们拉升天花板的策略是加重运营服务,未来会围绕数据做更多服务产品,为客户进行数据化运营指导,不断提升客户投入产出比。

Q:阿里为什么选择美妆零售行业和秉坤?

杨:阿里选择秉坤主要是从新零售生态的角度,希望共建美妆行业的新零售落地生态。而秉坤的优势在于在业里积累了丰富的客户和行业资源。

—————————————————————————————————————————————

以下是本次融资报道的全文

36氪获悉,上海秉坤于近日完成 9000 万元 B 轮融资。本轮由阿里巴巴领投,秉坤早期投资机构远瞻资本跟投。截至目前,秉坤已累计获得融资超过 1.1 亿元人民币。本轮融资后,秉坤将重点投入新产品研发、新零售运营服务和招募人才。

上海秉坤是一家为美妆品牌提供线下零售管理解决方案的服务商。秉坤的产品线包括零售 POS 软件、CRM 软件、数据产品和服务、零售智能硬件等。据秉坤数据,秉坤服务有 100 多个美妆品牌客户,在世界顶尖的十大化妆品集团中有六家是秉坤的客户。每年处理一亿多笔交易数据,为超过 5000 万会员提供营销服务的数据支撑。

Update |拿到阿里投资后,「上海秉坤」杨刚跟我们聊了聊美妆零售行业的管理趋势

据悉,秉坤已成立新零售运营服务部,帮助品牌运营已经落地的新零售场景,提升投入产出比。

同时,秉坤正在研发新一代的零售管理轻代码开发平台,构建品牌零售管理的业务中台和数据中台,以满足品牌个性化的业务需求和快速交付的时间要求。

阿里巴巴自 2016 年底提出新零售概念以来,一直在多维度布局新零售,此次阿里巴巴战略投资上海秉坤,并与秉坤签署业务合作协议,可以看作是阿里在新零售的底层建设上的布局。

秉坤创始人、董事长杨刚认为,如今国内 To C 互联网红利告尽,反观 To B 的企业运营效率提升空间很大,叠加新零售的趋势红利, To B 的服务商价值将进一步凸显出来。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

AI翻訳で続きを読む
コメントを見る

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

以前、36Krは、上海秉坤が阿里リード投資9000万元(約15億円)のBラウンド資金調達を受けたと報道した。上海秉坤は美容化粧品ブランドのオフライン小売管理ソリューションを提供するサービスプロバイダーである。美容化粧品に詳しくないが、美容小売業は我々消費者とは一定の距離がある。この報道の後、我々はこの業界について読者が好奇心を抱いているとの情報を得たため、それらをまとめてから創業者楊剛とのインタビューを行った。対談内容は以下の通り:

Q:美容化粧品小売管理と他の小売業界管理との違いは何か?

楊剛(以下楊氏):美容化粧品産業自体の小売業は他の産業と大きく異なるため、それを支える小売システムも異なっている。例えば、美容化粧品業界は、経験、サービス、消費者の買い戻しに特に注意を払い、新機軸が多い。また商品のサプライチェーンも他の業界とは異なる。これには情報システムのサポートが必要である。

具体的に言うと、美容化粧品は非常にパーソナライズされた製品であり、サービスや経験は消費者の意思決定に重要な役割を果たしている。美容化粧品の季節性が強く、買戻し率も比較的高いため、美容化粧品ブランドは会員の管理にもっと注意を払い、ユーザーの消費行動を理解することにより、消費データに従いユーザー運営を精密化し、ブランドロイヤルティーを向上させる必要がある。

現在のブランド競争はますます製品の競争に集中している。リアルタイムシステムを通じた市場情報のタイムリーな収集、製品開発のサポート、製品設計の改善、需要と供給の調整、サプライチェーンの最適化が特に重要である。

Q:データという言葉をこれまで強調されているが、これは美容化粧品小売業の管理における主要な傾向か?

楊氏:幅広い視点から見ると、美容化粧品業界を含む小売業界全体は、小売管理において、「オンライン化、デジタル化、インテリジェント化」の方向に進化している。これは業界内でコンセンサスになっており、重要な鍵は誰が最初に市場を達成し占有できるかである。

オンラインの観点から見ると、顧客とブランドの関係は、一部はすでにオンライン化しているが、ブランド内部のリソースとブランドとサプライヤー間の連結、およびエージェント間の連結についてはまだ進行中である。デジタルの観点からは、企業はデジタル化されたデータ、態度、およびシーンで豊富ではあるが、現段階ではデジタル化されたデータはそう多くはない。インテリジェンスの観点から見ると、小売企業は天猫(Tmall)のように千人千様の対応が可能な小売企業は少数だが、インテリジェンス化はまだ始まっていないと言える。

美容化粧品小売情報化ツールや運営サービスプロバイダーの仕事として、弊社は製品とサービスを改善し、ブランドが「オンライン化、デジタル化、インテリジェント化」の方向に向かっていく信頼できるビジネスパートナーになる必要がある。これらの三つの目標を達成することが、弊社開発中の新世代小売管理ライトコード開発プラットフォームの始まりでもある。

Q:秉坤は業界内でどのような役割を果たすのか?小売管理プラットフォームに天井が見えるか?

楊:業界内では、秉坤はこの分野の一流ブランドになりたいと考えている。当然のことながら、純粋なツール型の製品について天井は高くないが、天井引き上げ戦略は運営サービスのウェイトを増やすことであり、将来的にはデータを中心としたより多くのサービス製品を提供し、データ操作ガイダンスをユーザーに進め、ユーザーの入出力比を継続して向上する。

Q:阿里はなぜ美容化粧品小売業と秉坤を選んだのか?

楊:阿里は主に新しい小売生態学の観点から秉坤を選び、美容化粧品業界で新しい小売生態を構築したいと考えている。秉坤のメリットは、業界で豊かな顧客と業界リソースを蓄積してきた点にある。

—————————————————————————————————————————————

以下は今回の投資ニュースの全文である:

36Krは、上海秉坤が近日9000万元のBラウンドの資金調達を完了するという通知を受けた。本ラウンドは阿里巴巴(アリババ)がリード・インベスターで、秉坤の早期投資機構である遠瞻資本がコ・インベスターである。現在までに、秉坤はすでに累計で1.1億元を超える資金調達を受けている。本ラウンドの資金調達完了後、秉坤は新製品の研究開発、新小売運営サービス、人材募集に重点を置く。

上海秉坤は、美容ブランドのオフライン小売管理ソリューションを提供するサービスプロバイダーである。秉坤の製品ラインには、小売POSソフトウェア、CRMソフトウェア、データ製品およびサービス、小売りスマートハードウェア等が含まれる。秉坤のデータによると、秉坤には100以上の美容ブランドの顧客があり、世界トップ10の化粧品グループの六つは秉坤の顧客である。年間一億件以上の取引データを処理し、5,000万人以上の会員にマーケティングサービスのデータを提供している。

秉坤は、新しい小売運営サービス部門をすでに設立し、ブランド運営導入済みの新しい小売シーンを支援し、入出力比を向上させると報告されている。

同時に、秉坤は新世代の小売管理ライトコード開発プラットフォームを研究開発中で、パーソナライズされたビジネスニーズと迅速な配信のための時間要件を満たすために、ブランド小売管理業務のミドルオフィスとデータセンターを構築する。

阿里巴巴は2016年末に新しい小売コンセプトを提案して以来、多方面で新しい小売店を展開している。今回、阿里巴巴の戦略的な上海秉坤への投資と、秉坤とのビジネス協力協定締結は、阿里の新しい小売のベースに建設されたレイアウトと考えることができる。

一方、秉坤の創業者兼CEOある楊剛氏は、To Cのインターネット配当は今や枯渇しており、逆に見るとTo Bの事業運営効率は大幅に向上し、新規小売売上に勢いが増し、To Bのサービスプロバイダーの価値もさらにはっきりと見えるだろうと考えている。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録