新華社短信

中国、個人情報登録100万人以上の企業の海外上場で審査義務付けへ

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

【新華社北京7月10日】中国国家インターネット情報弁公室は10日、「サイバーセキュリティー審査弁法(修正案意見募集稿)」について意見公募を開始した。同弁法は、ユーザー100万人以上の個人情報を把握する企業が海外で上場する場合、国家サイバーセキュリティー審査弁公室にサイバーセキュリティー審査を申請しなければならないと打ち出した。

意見募集稿によると、審査は企業の調達活動やデータ処理活動、海外上場が国家安全にもたらすリスクを重点的に評価する。具体的には①審査を受ける企業の製品やサービスの利用後に重要な情報インフラが違法にコントロール、妨害、破壊されるリスク②コアデータや重要データ、大量の個人情報が盗難、漏えい、廃棄、不正利用されるリスクや海外に流出するリスク③企業の海外上場後、重要な情報インフラやコアデータ、重要データ、大量の個人情報が外国政府によって影響を受けたり、コントロール、悪用されるリスク-が挙げられる。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録