中国の時速600キロリニア、青島で公開

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社短信

中国の時速600キロリニア、青島で公開

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

【新華社青島7月20日】中国鉄道車両大手の中国中車(CRRC)は20日、山東省青島市で世界初の設計時速600キロのリニア交通システムを公開した。中国が完全に独自の知的財産権を持つという。

同社は、各システムの統合や調整を既に完了しており、5両編成列車の安定した走行を実現させた。各機能・性能も良好だという。

時速600キロリニアは、現時点で実現可能な最も速い地上交通機関。ドアツードアの所要時間で計算すれば、1500キロ圏内の移動で最も便利な交通モデルとなる。今回採用した跨座(こざ)型構造は安全性が高く、広い空間が確保でき、快適性にも優れる。2両から10両の自由な編成が可能で、異なる旅客需要に対応できる。軌道との接触がないのでメンテナンス量が少なく、大規模保守の周期とライフサイクルが長いという経済面でのメリットもある。

同社がシステムの開発に要した期間は5年間。2016年10月にプロジェクトを始動し、19年に試作車両を開発。20年6月に同済大学(上海市)の試験路線での試験走行に成功すると、システムの改良を通じて最終技術プランを確定した。今年1月にシステム開発を終えると、6カ月間の調整と試運転を経て完成した。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録