マイクロソフト、Surfaceに中国限定色「グレーピンク」投入

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

注目記事マーケティング

マイクロソフト、Surfaceに中国限定色「グレーピンク」投入

最前线 | 微软发布Surface新品,为中国市场特供灰粉金版Laptop

微软今日举行了秋季发布会,发布了Surface新一代产品,包括Pro 6、Laptop 2和Studio 2三大硬件。微软在美东时间10月2日发布了这些产品。可能当时欢度国庆的你没有注意到这次发布,微软今天特意在中国重新提醒一次。

Surface Pro 6与上一代最大的不同在于搭载了第八代酷睿处理器,微软官方称其性能比上一代好67%。外观方面,提供了黑色和灰色,这是微软在Pro 系列首次采用了黑色,并且首次提供了16G内存的版本。

Laptop 2是Surface家族最年轻的产品,2017年才推出第一代。这一次推出的Laptop 2,也采用了第八代酷睿处理,性能提升了85%。屏幕13.5 英寸,微软称其为触控电脑上最薄的LCD屏。值得一提的是,微软专门针对中国市场推出了灰粉金版的Laptop 2。Pro 6和Laptop 2都在朝更轻薄的方向走。

最前线 | 微软发布Surface新品,为中国市场特供灰粉金版Laptop

最右侧为灰粉金版本

Studio推出于2016年,去年没有进行更新。这一代的产品基本是常规更新,搭载酷睿 i7 处理器,屏幕亮度提升 38%,对比度提高了 22%,图形处理能力提高了 50%。

在三大硬件中,Pro 6和Laptop 2将在明年开始发售,Studio 2在中国市场将在明年年初上市。此外,微软还发布了搭载「小娜」语音助手的 Surface 降噪耳机,将在明年上市。

三大硬件在整体的更新上并无新奇之处,总体上属于常规的升级,把产品变得更高性能的同时,也兼顾更轻薄的特点。此外,微软多次强调了其产品细腻的触感。并称理想的状态是,在你的工作生活中,当你感觉一切都很到位,你会忘了这个工具的存在。Surface消失在幕后时,才能发挥最大的作用。

与之相比,微软这次发布更鲜明的特点是,凸显了对中国市场更多的重视。中国市场是微软Surface产品第二大市场,也是最有增长潜力的市场之一。

微软在发布会中提到,非常重视中国市场的特点和需求,并且专门针对中国市场推出了灰粉金版本。

微软把苹果当作Surface产品的对手,但是两者的销量却存在数量级的差距。为了刺激销量,微软在7月推出了史上价格最亲民的平板Surface Go。此次又针对中国用户推出了特供版本,也是为了在这个庞大的市场挖掘更大的潜力。

与此同时,我们也可以看到这样一个趋势:对于科技巨头,中国市场不仅在营收、利润上不能忽视,在产品上也需要进行针对性的考虑和设计。最典型的例子就是,苹果在推出最新一代iPhone时,在iPhone XS Max和iPhone XR都为中国设计了双卡双待功能。微软这一次也是同理。

続きを読む

マイクロソフトは15日、中国で新製品発表会を開催した。今月2日(現地時間)に米国で行われた発表会と同様、PCブランド「Surface」シリーズの新製品がお披露目された。米国で行われた発表会は、中国では国慶節の大型連休と重なったため、注目度が薄れることを嫌って、改めてアピールの場を設けた。マイクロソフト社にとっての中国市場の重要度がうかがわれる。

今回発表されたのは、タブレット「Surface Pro 6」、ノートPC「Surface Laptop 2」、クリエイター向けPC「Surface Studio 2」、ワイヤレスヘッドホン「Surface Headphones」の4製品だ。

キーボードを着脱できる2in1型タブレット「Pro 6」で最も注目すべきは、CPUにインテル第8世代Coreプロセッサーを導入した点。前機種と比較し67%の高速化を実現した。メモリは最大16GB。本体カラーはシルバーとブラックの2種類で、Proシリーズとしては初めてブラックを採用している。

2017年に発表され、今回が2代目となるノートPC「Surface Laptop 2」もインテル第8世代Coreプロセッサーを搭載し、パフォーマンスが85%も向上した。また、タッチスクリーンとしては世界最薄クラスの液晶ディスプレイを導入。カラーは4色展開だが、中国限定色として「Blush(グレーがかったピンク)」が加わっている。

写真右側が中国限定色の「Blush」

2016年に発表されたクリエイター向けPC「Surface Studio 2」も、今回が2代目製品となる。グラフィック処理能力が50%向上、ディスプレイの明度が38%向上したほか、ストレージが最大2TBとなった。

3製品とも前機種から特筆すべき変化は見られず、性能向上と軽量化の同時実現が焦点となった。マイクロソフトが最も強調したのは使用感で、「使っていることを忘れるスムーズさが理想」としている。また、今回はSurfaceシリーズ初となるワイヤレスヘッドホン「Surface Headphones」が発表された。音声アシスタント「コルタナ」を内蔵している。以上の4製品は中国では2019年発売予定だ。

Surfaceシリーズにとって、中国は世界で2番目に大きな市場であり、今後の成長が最も期待できる市場でもある。発表会でも中国市場特有のニーズに触れ、中国限定色の製品を付加するなど、中国市場を重視する姿勢を見せた。

アップル製品を競合と見定めるSurfaceだが、販売数では遠く及ばない。7月には廉価モデル「Surface Go」を発表して販売増加を狙っている。中国市場の開拓も同じく、販売拡大を狙ってのことだろう。

世界のテック企業が大きな可能性を見出している中国市場だが、中国で成功するには需要に沿った製品のローカライズは必須だ。先月発売されたアップルのスマートフォンiPhone Xsシリーズも、中国限定でデュアルSIMカード対応モデルが発売されている。
(翻訳・愛玉)

メールアドレスを登録して中国最新情報入手