中国の自動運転路線バス、各地で試験運行進む

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社短信

中国の自動運転路線バス、各地で試験運行進む

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

【新華社長沙8月29日】中国の自動運転路線バスは現在、北京市や湖南省長沙市、江蘇省無錫市などで試験運行が進んでいる。自動運転路線バス体系は、安全運行距離と輸送旅客数が増え、技術が向上し、インフラ整備が加速するごとに改善と高度化を繰り返し、特定の環境下での営業運行実現に向け着実に前進している。

長沙市は、自動運転路線バスの試験運行を比較的早い時期に開始した。湖南湘江新区の試験路線は全長7.8キロで、停留所は11カ所、上下線合わせ22カ所あり、既に2年以上安全運行を続けている。昨年4月に運用を開始したスマート315系統は、全長15キロにバス10台が運行しており、停留所28カ所を設け、交差点24カ所を通過する。

上海自由貿易試験区臨港新片区(エリア)の環湖一路スマートバスは全長8.5キロで、停留所が8カ所ある。乗客はスマートフォンアプリやSNSのミニプログラムなどで乗車予約ができる。

国家発展改革委員会など11部門が共同で発表した「スマートカーイノベーション発展戦略」は、高度自動運転車の特定環境下での営業運転を2025年に実現する目標を掲げる。この目標は、都市公共交通分野での着実な実現が見込まれる。(記者/蘇暁洲、劉良恒)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録