短信

サービスロボット「Pudu(普渡科技)」、美団などからシリーズC2で数十億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

商用サービスロボットメーカー「普渡科技(Pudu Technology)」がこのほど、シリーズC2で数億元(数十億円)を調達した。本シリーズの出資者は「美団(Meituan)」、「深投控資本(Shenzhen Investment Holdings Capital)」、「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)」などで、シリーズC1と合わせた調達額は10億元(約170億円)近くにのぼる。

2016年に設立された普渡科技は本社を深圳に置く。深圳と成都に研究開発センターを持つほか、世界の数百カ所でサービスセンターを展開している。コア技術として、位置ナビゲーション、モーションコントロール、マルチマシンスケジューリング、障害物の検知および回避、振動および騒音(NVH)解析、インテリジェントインタラクション、自動化シミュレーションテストに関するものなどがあり、600件以上のコア特許を擁する。主要製品として、配膳ロボット、配達ロボット、消毒ロボット、案内ロボットなどがある。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録