ファーウェイが売却の中国スマホ「Honor」、Googleサービス搭載を発表。

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信オリジナル記事

ファーウェイが売却の中国スマホ「Honor」、Googleサービス搭載を発表

続きを読む

中国スマートフォン大手「Honor」は11日夜、最新機種Honor50のグローバル版にグーグルのモバイルサービス(Google Mobile Servece)と搭載すると発表した。

これまでGoogleなどと協議したりテストを受けていることを明らかにしていたが、合意に達したようだ。

Honorは中国通信大手ファーウェイのサブブランドで、低中価格帯の端末を手掛けていた。2019年5月以降の米国の輸出規制でスマホ生産・販売が著しく制約されたファーウェイは2020年11月、販売代理店が設立した新会社にHonorブランドを売却すると発表した。

ファーウェイから切り離されたHonorは規制を避けることができ、調査会社などによると最近ではvivo、OPPO、シャオミに次いで中国で4位のシェアを獲得していた。ただし、分社前にグーグルのサービスが使えなくなっていたため、海外での売り上げは「ほとんどゼロ」(趙明CEO)に落ちており、グローバルの販売回復にはGMSの搭載が最優先課題だった。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録