香川県、中国陝西省とオンライン手作り美食教室を開催、1500人以上参加

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社短信

香川県、中国陝西省とオンライン手作り美食教室を開催、1500人以上参加

続きを読む

【新華社西安10月25日】中国と日本の名物粉もの料理を学ぶ「陝西-香川オンライン手作り美食教室」が22日、陝西省、香川県と大阪府をオンラインでつないで開かれ、両国から1500人以上が参加した。

陝西省の無形文化遺産伝承者、苗暁娟さんからは「花饃(ホワモー)」と呼ばれる中国風蒸しパンの作り方や背景の文化などが紹介された。装飾を施した花饃は中国の国家級無形文化遺産に指定されている。香川県の職人からは名物の讃岐うどんの作り方が伝授された。参加者は陝西省と香川県の美食文化に触れ、それぞれの風土や友好の歩みについて理解を深めた。

陝西省文化・観光庁の孟祥国副庁長は、陝西省と香川県は1990年代半ばに友好省県提携を結び、交流や協力を深めながら、良好な関係を維持してきたと説明。今回オンラインで開かれた手作り美食教室は、相互理解を深め、中日の友好や多元的な交流を促進する上で意義がある取り組みだと語った。

イベントは在大阪中国総領事館、陝西省文化・観光庁、香川県が主催した。(記者/蔡馨逸)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録