中国伝統ティードリンクチェーン「霸王茶姫」が約53億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

中国伝統ティードリンクチェーン「霸王茶姫」が約53億円を調達

続きを読む

中国のティードリンクチェーン「霸王茶姫(BAWANGCHAJI)」が今年上半期中にシリーズA、Bで3億元(約53億円)超を調達した。シリーズAのリード・インベスターは「XVC」と「復星国際(Fosun International)」で、シリーズBのリード・インベスターは「琮碧秋実(Congbi Qiushi)」、コ・インベスターはXVC。

霸王茶姫を運営する「雲南味知覚餐飲管理有限公司」は2017年設立で、中国の伝統的な様式を取り入れた新スタイルのティードリンクブランドを展開。茶葉からいれたミルクティーやフルーツティーなど新鮮なティードリンクのほか、ティーバッグなどお茶関連のさまざまな商品を提供している。これまでに雲南省、広西省など中国西南地域に350店舗以上、さらに国外でもマレーシア、シンガポール、タイに40店舗近くを展開している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録