アリババ支援のネット配車「T3出行」が1360億円調達 近年業界最高額

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アリババ支援のネット配車「T3出行」が1360億円調達 近年業界最高額

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ネット配車プラットフォーム「T3出行(T3 Mobility)」を運営する「南京領行科技(Nanjing Lingxing Technology)」(以下、「T3出行」)が、シリーズAで77億元(約1360億円)を調達した。リードインベスターは「中信集団(CITIC Group)」主導のコンソーシアム。これは中国国内のネット配車企業による単一の資金調達では、2018年以降最高額だ。また、T3出行は「中信投資控股(CITIC Investment Holdings)と戦略的パートナーシップも締結し、両社は共同で新しいスマートモビリティーのエコシステム構築を進めるとしている。

同社は「中国第一汽車集団(FAW Group)」「東風汽車集団(Dongfeng Motor)」「長安汽車(Changan Automobile)」の3社が核となり、アリババ、テンセントなどのIT大手によるバックアップのもと設立された。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録