民間衛星の「銀河航天」:シリーズA+で資金調達、評価額は490億円超

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

民間衛星の「銀河航天」:シリーズA+で資金調達、評価額は490億円超

続きを読む

民間衛星スタートアップ企業の「銀河航天(Galaxy Space)」が、シリーズA+で資金を調達した。同社の評価額は30億元(約490億円)以上で、現時点での出資者は「順為資本(Shunwei Capital)」、「晨興資本(Morningside Venture Capital)」、「IDGキャピタル」、「高榕資本(Gaorong Capital)」、「源碼資本(Source Code Capital)」など。銀河航天は今のところ、今回及び累計の調達額を公表していない。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手