【保存版】黄金期迎える中国SaaS市場を徹底解説(上):今開花する5つの理由

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

特集編集部お勧め記事注目記事

【保存版】黄金期迎える中国SaaS市場を徹底解説(上):今開花する5つの理由

続きを読む

近年、日本のメディアで中国のスタートアップ情報を多く目にするようになりました。一方で、中国のSaaS領域について体系的に整理している情報源はまだ少ないと感じています。この記事では、中国のマクロ環境の変化を紹介し、中国のSaaS市場の規模や概況をお伝えしていきます。

今、中国のSaaS市場は大きな変化を遂げようとしていることをご存知でしょうか。上記の図は香港で上場している中国のSaaS銘柄11社の平均株価成長率です。図から確認できるように、2021年1月の平均株価は2018年の1月に比べて約500%の成長を遂げています。

では、なぜ今、中国のSaaS市場は開花しようとしているのか。近年、中国におけるマクロ環境の変化を述べることで、開花の要因を紐解いていきます。

中国SaaS市場が今開花する5つの理由

1)五ヵ年計画に基づく政策効果

中国では、全国人民代表大会において、中国経済が目指す今後の5年間の姿と、それを実現するための戦略的な方策を策定します。五ヵ年計画の方策には達成したいテーマ毎の目標値があり、それらに基づいて、民間も政府も国家目標の達成に資源を投入します。2021年3月に承認された第14次五ヵ年計画では、「イノベーション」、「協調」、「エコ」等が次の経済発展の重要キーワードとして取り上げられました。5年前の2016年に行われた第13次五ヵ年計画では、「4Gの普及」、「クラウド技術」、「人工知能」の推進の政策が盛り込まれていました。2016年以降に発表された下記の政府の重要政策から、クラウド化基礎技術投資や企業のデジタルトランスフォメーションに対する優先順位が伺えます。

2)成熟期に入ったクラウド技術

上記の第13次五ヵ年計画での政策の推進もあり、2008年に設立されたアリババクラウドを代表するようなクラウド技術が急成長しました。アリババクラウドは、2020年laaSのプロバイダーとして、Amazonやマイクロソフトに次ぐ世界第3位のクラウドコンピューティングサービスを多くの企業に提供してきました。近年、人工知能、IoT、5Gなどの技術が飛躍的に進歩し、低コストのデジタルトランスフォーメーションのソリューションを一般企業に提供できるようになりました。

3)国産ソフトウェアへの積極的な乗り換えの奨励

中国製造2025(Made in China 2025)は2015年7月に中国政府が打ち出した経済政策です。中国政府は、質や技術を重視する製造強国への転換を図っています。そのため、「情報化・産業化のさらなる融和」が重要な位置付けとされ、「重点分野」においては、国産比率の目標があり、関連産業に対する金融支援や、基盤技術の向上支援などのさまざまな施策が打ち出されています。多くの企業は、このような明確な国策の元、国産ソフトウェアへの積極的な購入を進めています。

下記の図は国産ソフトウェアへの切り替えの具体的な事例になります。2008年のERP市場では、SAPが23%のシェアを有し、オラクルなどの外資系製品が50%以上の市場を占有していました。2018年になると、SAPのシェアが14%まで減少し、外資系製品の存在感は低下しました。代わりに、用友や金蝶の国産ERPベンダーがシェアを獲得しています。米中対立が激化している中、今後もこのような趨勢は加速すると予想され、中国SaaSプレイヤーにとっては追い風となるでしょう。

4)経済鈍化および人件費の上昇による経営思考の変化

中国における2020年の平均年収は約9万7千元で日本円に換算すると約172万円になります。一見すると、日本の平均年収より低いという印象を持つかもしれませんが、中国は貧富の差が大きく、賃金は地域、ポジションや業種によって大きく異なります。例えば、私の前職の中国テック企業におけるエンジニアやマネージャの賃金は日本の同ポジションと同等かそれよりも高いのが実情です。

次に、平均年収を見ると、2010年から10年間で中国の平均賃金は約1.6倍上昇しています。10年間の年平均増加率は約10%。実際、​​私の前職で昇給査定する際に、中国国内のインフレを考慮すると、通常パフォーマンスの社員でも10%前後での昇給を実施していました。

人件費の上昇は経済が急激に成長している時はそれほど注目される問題ではありませんでした。しかし、中国では、各分野におけるスタートアップが創出したニューエコノミーも高速成長期から緩やかな成長の成熟期に入りました。成長のスピードの鈍化や人件費の上昇に伴う環境変化によって、企業は人海戦術の労働集約型の経営から生産性や経営効率の向上を考慮した経営方針への転換が求められるようになりました。近年では、今まで外資企業が重要視してきた効率向上のためのツールの必要性が見直され、ニーズが顕在化しました。

5)支払意識の変化

長い間、中国ではソフトウェアのライセンス意識が低く、企業にとってもソフトウェアへの投資意欲は決して高くありませんでした。しかし、4Gの普及や若い世代の版権意識の変化に伴い、近年ではソフトウェア使用料への支払意識が全体的に向上しています。下記の図からもわかるように、SaaS企業の有料ユーザー企業数は2013年の1.3万社から2019年には55万社に成長しました。

また、コロナ禍前にはすでに上記の5つの変化が生じていましたが、コロナ禍によって、中国企業は一時的にリモートワークに切り替えざるを得ない状態になりました。日本と同様、リモート会議、クラウドサインなどのリモートワークのためのツールの導入が増え、企業のSaaS導入の加速化の一つのきっかけにもなりました。

下:中国SaaS市場規模・有力プレーヤー・VC投資

■ 執筆者:頼 嘉満(Lai Chiamin)マネージング・パートナー UB Ventures

国際基督教大学卒業後、大手ERPベンダーインテンシアに入社し、日欧にてDXや業務改革プロジェクトに従事。その後、米系戦略コンサルティングファーム モニター・グループでの経営戦略立案やアジア進出プロジェクト責任者を経て、DCM Venturesに入社。ベンチャーキャピタリストとしてfreee、Coubic等への投資実行を担当。
2014年に中国スタートアップHappy Elementsに参画し、CSO、日本上場責任者を経て、取締役兼日本代表として日中におけるコンテンツ、xR事業の展開を統括。
2021年8月にUB Venturesに参画し、マネージング・パートナーに就任。IEビジネススクールMBA修了。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録