アリババ傘下の東南アジアEC「ラザダ」、年間アクティブユーザー数1.3億人に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

アリババ傘下の東南アジアEC「ラザダ」、年間アクティブユーザー数1.3億人に

続きを読む

アリババ傘下で東南アジアのEC大手「ラザダ(Lazada)」が、最新のデータを公開した。それによると、年間アクティブユーザー数は過去18カ月で80%増の1億3000万人に、月間アクティブユーザー数は同70%以上増の1億5900万人に達したという。

ラザダグループCEOの李純氏によれば、同社は今後、東南アジアにおけるユーザー数3億人、GMV(流通取引総額)は年平均1000億ドル(約11兆3569億円)を目指すとのこと。

ラザダは2012年に設立され、16年にアリババ傘下となった。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録