「Shopee」「SHEIN」、ダウンロード数でアマゾン超え

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

「Shopee」「SHEIN」、ダウンロード数でアマゾン超え

続きを読む

アプリ分析プラットフォーム「Apptopia」の調べによると、2021年、世界で最もダウンロードされたショッピングアプリはシンガポールに拠点を置く大手越境EC「Shopee」だった。

データはApp StoreとGoogle Playを合計したもので、中国に関してはApp Storeのみとなる。Shopeeは、21年に全世界で2億300万回ダウンロードされ、ショッピングカテゴリで1位となった。Shopeeは東南アジアにおける主要なショッピングサイトであるほか、欧米・南米の多くの国でも好調で、ブラジルやポーランドではすでに現地のショッピングサイトランキングで第1位を獲得している。

第2位はファストファッションEC「SHEIN(シーイン)」。21年は前年比70%増の1億9000万回ダウンロードとなった。SHEINは2008年に中国で設立されて、現在は欧州、米国、オーストラリア、中東を主な市場とし、150以上の国・地域で展開している。

第3位はインドのソーシャルコマース「Meesho」。2015年に設立され、まだ海外展開はしていないものの、インドではすべてのカテゴリーでダウンロード数トップを誇る。

なお、20年にダウンロード数世界1位だったアマゾンは、米国でこそ1位を保持したが、世界全体では4位に転落した。EC調査会社「Marketplace Pulse」は、アマゾンは22年、米国でもSHEINのような新興EC企業に抜かれる可能性が高いと予測している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録