中国L4自動運転スタートアップの「WeRide」、完全無人運転250万kmを突破

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国L4自動運転スタートアップの「WeRide」、完全無人運転250万kmを突破

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

レベル4自動運転技術を手掛ける中国スタートアップ「WeRide.ai(文遠知行、ウィーライド・エーアイ)」は、公道での自動運転走行距離が1000万kmを突破したと発表した。

また、このうち完全無人運転の走行距離は250万kmを超えており、将来的な商業化への道が開かれたという。

この1000万kmという数字は、300台以上の自動運転車による、中国および米国での4年以上におよぶ継続的なテストと運用の蓄積で達成されたものだ。その車両には、無人および自動運転によるロボタクシー、ロボバス、トラックなどが含まれる。これらの車両は、中国広東省広州市、河南省鄭州市、江蘇省南京市、湖北省武漢市、安徽省安慶市、米国カリフォルニア州サンノゼなどの都市で運用されている。

ロボタクシーで実績積む「WeRide」、自動運転バスも展開へ。評価額3600億円に拡大

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録