「新小売業」の背後にスマートストア・ソリューション

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

ビジネス注目記事

「新小売業」の背後にスマートストア・ソリューション

続きを読む

「福建星網元智科技(Star Wise)」は、製造、物流および生産自動化機器、スマートストアなどに関するソフト/ハードウェアの研究開発と技術サービスを提供している。同社の「T6 iLabelラベル管理システム」と「T6 iWMS倉庫管理システム」は、実店舗のスマートストア化を実現するものだ。

T6 iLabelラベル管理システム

同社の電子値札は無線ネットワークを介してアクセスポイントと通信し、店舗データベースに接続して商品価格を表示する。

iLabelとERPの連携

電子値札を導入すると、値札を交換する手間を省け、バックエンドのデータベース、レジ、商品の価格を同期させて一貫性を保てる。また、人件費の節約、ペーパーレス化、管理効率の改善、ヒューマンエラーの防止も可能になる。

一方、消費者は電子値札のQRコードをスキャンして製品のトレーサビリティ情報を取得できる。実店舗で在庫切れの場合は、スキャンすることでオンラインで注文して自宅へ配送してもらうこともできる。 また、店舗はアプリで商品の入荷・販売・在庫等の情報を照会できるほか、優待券や会員カードなどにも応用できる。

電子値札で倉庫でのピッキングも変わる。オンライン受注リストから商品ピッキングタスクが自動生成され、対象商品の電子値札に表示されるので、商品を素早く正確にピッキングできる。

オンラインとオフラインを組み合わせて効率が良いピッキングと配送ができる

T6 iWMS倉庫管理システム

T6iWMインテリジェント倉庫管理システムは、リーンマネジメントを実現する総合ソリューションだ。無線通信+電子タグだけで、納品、入庫、出庫、返品、移動、棚卸など全体的なプロセスを管理できる。複数倉庫の統合管理まで行える。また拡張性が高く、ERP、MES、TMSなどのシステムや、AGV(無人搬送車)やスマートシェルフなどの物流システム機器とも統合できる。

従来の倉庫管理システムでは、マニュアル作業が多く様々なエラーが起こりやすいこと、従業員の経験に依存する部分が多く訓練に時間がかかること、実在庫とデータに差異が発生しやすいこと、保管場所の使用効率が低いことなど問題点が多かった。インテリジェント倉庫管理システムでは、運用を最適化し作業ステップを減らすことで、人員を削減できる。物流とデータをリアルタイムで同期し、スムーズな入出庫が行える。在庫を最適化し、状況に合わせて様々な在庫戦略を取ることも可能だ。

大型ショップ向けソリューション

星網元智のスマートストア・ソリューションは、大型スーパーマーケットやショッピングモール、大型店などのニーズに合わせて、T6 iLabelとT6 iWMSシステムを組み合わせたものだ。 倉庫や配送の管理、店舗の価格表示などをカバーし、ピッキング効率、配送効率を高めるほか、オンラインとオフラインの価格を同期する。また、商品価格データ分析により、精密な管理を行うと同時に営業効率を向上させる。

さらに、スマート化によって削減したコストを顧客に還元して快適な購買体験を提供することで、顧客の購買意欲を高めてロイヤルティやリピート率を向上させられる。販売側は業務効率化によってできた時間で、商品の拡充やより良い商品の選定などに力を入れられる。

同社は、すでに大手スーパー「永輝超市(YongHui Superstores)」などと提携したほか、国内有名スーパーマーケットチェーンとも交渉中とのことだ。
(翻訳・神江乃緒)

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手