アリババ、北京五輪向けバーチャルキャラクター発表 「スポーツ大好き22歳女性」

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

アリババ、北京五輪向けバーチャルキャラクター発表 「スポーツ大好き22歳女性」

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国EC最大手のアリババグループは10日、北京冬季オリンピック向けのバーチャルキャラクター「Dong Dong(冬冬、以下ドンドン)」を発表した。

国際オリンピック委員会(IOC)のワールドワイドパートナーである同社のグローバル研究機関であるアリババDAMOアカデミー(達摩院)は、スポーツファンとの交流を目的としてバーチャルキャラクターを開発した。

北京生まれのドンドンは、ウィンタースポーツをこよなく愛する情熱的かつ率直な性格である22歳の女性キャラクターと紹介されている。人間そっくりの姿や、明るい性格、そして親しみやすいコミュニケーションを通じて、テクノロジーに慣れ親しんだ若い世代のオリンピックファンとのつながりを深めることが期待されている。 

公式サイトより

ドンドンは同社のライブコマースでも活躍している。「Tモール(天猫)」のオリンピック公式ストアで、オリンピックグッズを宣伝するだけでなく、グッドサインやハート形のジェスチャー、悔し涙を拭う姿など、さまざまなボディランゲージを見せるほか、感情を持った生き生きとした自然な声でユーザーの質問にも回答できるそうだ。さらに、ライブトークショーの形式で、観客にオリンピックの面白さを紹介したり、オリンピックのテーマソングに合わせてダンスを披露したりしてオリンピック選手を応援している。

バーチャルヒューマン「AYAYI」がアリババの社員に。メタバースが切り開く新たな可能性

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録