アリババクラウドが中国で50%のシェアを獲得、組織改革でさらにシェア拡大へ

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

ビジネス注目記事

アリババクラウドが中国で50%のシェアを獲得、組織改革でさらにシェア拡大へ

続きを読む

アリババ(阿里巴巴)がクラウド事業の国内シェアを初めて公表した。

ブルームバーグの報道では、アリババグループ副主席の蔡崇信氏が香港で行われた会議の席上で、同社のクラウド事業が中国で50%のシェア占めていると発表したという。

この発表の数日前、市場調査会社IDCは2018年上半期の中国パブリッククラウドの市場シェアデータを公表した。データによれば、上位3社は「アリババクラウド(阿里雲)」、「テンセントクラウド(騰訊雲)」、「中国電信(チャイナテレコム)」で、シェアはそれぞれ43%、11.2%、7.4%だった。

IDC:2018年1-6月中国パブリッククラウドのシェアランキング

アリババがクラウド事業の市場シェアを公表する以前から、IDCのデータではアリババが一貫してトップを走っており、なおもシェアを拡大している。

アリババクラウドはアリババグループの将来を担う重要な成長エンジンであり、その戦略的な意義も高まっている。

2018年11月26日、張勇(ダニエル・チャン)CEOは全社員に向けたメールで、大規模な組織改革を行うことを明らかにした。改革の1つが、アリババクラウド事業グループをアリババクラウドスマート事業グループに改称し、スマートインターネットへの投資を強化するというものだ。今後、アリババクラウドは市場シェアをさらに拡大するだろう。
(翻訳・畠中裕子)

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手