テスラ上海工場、3週間ぶりに操業再開 部品在庫は1週間分を確保

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業短信

テスラ上海工場、3週間ぶりに操業再開 部品在庫は1週間分を確保

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米電気自動車(EV)大手テスラの上海ギガファクトリーが4月19日、約3週間ぶりに操業を再開した。同日早朝には従業員8000人が持ち場に戻った。 同社関係者は、生産再開を後押しするため、部品のサプライチェーンとの連携に全力を挙げていると述べた。

中国経済紙「第一財経」によると、テスラは18日夜には操業再開の準備を整え、19日早朝にはバッテリーモジュールやモーターの製造ラインをフル稼働させた。車両の組み立てラインについては、段階的に生産台数を増やしていくという。

同工場の生産能力は、今後3、4日で1日当たり1シフト分がフル稼働するレベルに戻るとみられる。現在の部品在庫で1週間程度は対応できる見込みだが、その後はサプライチェーンの状況に応じて生産能力を調整する必要がある。

操業再開に向けた感染症対策に関する規定に基づき、テスラは同工場内の全従業員に対して朝の抗原検査と夕方のPCR検査を義務化し、施設全体の消毒を1日1回実施。感染予防を徹底することで安全な生産を確保していく。

テスラ上海ギガファクトリー、操業再開を再延期 1万5000台以上を生産できず

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録