半導体大手TSMC、熊本新工場が21日着工 24年末の出荷を目指す

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業短信

半導体大手TSMC、熊本新工場が21日着工 24年末の出荷を目指す

続きを読む

半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)の子会社「Japan Advanced Semiconductor Manufacturing(JASM)」が4月19日、工場建設予定地の熊本県菊陽町と立地協定を締結した。同月21日に着工し 、2024年12月の出荷を目指す。同社は世界的な半導体需要に応えていくという。

新工場は、日本国内でも最先端の回路線幅10~20ナノメートル台の演算用ロジック半導体を生産し、JASMに出資するソニーや自動車部品メーカー大手デンソー向けに供給する計画だという。JASMは約1700人を雇用する計画で、TSMCから約320人、ソニーから約200人が派遣される。

TSMCは21年11月、ソニー傘下のソニーセミコンダクタソリューションと共同で半導体の製造受託サービスを提供する子会社JASMを熊本県に設立し、チップ工場を建設すると発表していた。TSMCが日本に工場を建設するのはこれが初めて。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録