ファーウェイ、「HarmonyOS 2」などが独「iFデザインアワード2022」受賞

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

ファーウェイ、「HarmonyOS 2」などが独「iFデザインアワード2022」受賞

続きを読む

中国通信機器大手ファーウェイ(華為技術)傘下の端末メーカー「華為終端(Huawei Device)」が6月6日午前、SNS「微博(Weibo)」の公式ページで、同社のプロダクトが、ドイツの「インターナショナル・フォーラム・デザイン(iF)」が主催する「iFデザインアワード2022」を受賞したと発表した。

受賞したプロダクトは、オペレーションシステム「HarmonyOS 2」のデザインシステム、「HarmonyOS」のフォントデザイン、スマートホームソリューション「全屋智能」のユーザーエクスペリエンス(UX)アーキテクチャ、ディスプレイ「MateView」のUXデザイン。

HarmonyOSを搭載した端末は今年4月末までに2億4千万台を超えたという。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録